「子母澤寛」おすすめ作品一覧

「子母澤寛」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/06/30更新

遺臣伝
  • ブラウザ試し読み

父子鷹
  • ブラウザ試し読み

国定忠治
  • ブラウザ試し読み

逃げ水
  • ブラウザ試し読み

ふところ手帖
  • ブラウザ試し読み

味覚極楽
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 味覚極楽
    パッと見て字がぎっしりだったので、時間かかるかなと思ったが、面白くてすらすら読んだ。何やこの読み易さは!
    お坊さんのお話に共感。
    大概のモンは温かい方が美味いけど、飯は冷やの方が美味い。
    朝の握りたておむすびより、昼の冷めたおむすび。うほほ。
  • ふところ手帖
    子母澤寛は、118年前の1892年2月1日北海道石狩市生まれの小説家。

    現在ではほとんど読まれなくなったといってもいい存在ですが、それでも近くの小さな書店を覗くと、『新選組始末記』『勝海舟』『味覚極楽』の三冊の文庫が置いてあって、これには、さすが今の時代劇ブームの隆盛を知る思いで感心しました。

    ...続きを読む
  • ICHI 2巻
    新キャラのイバハチが想像よりだいぶ可愛くて意外。
    イバハチつったら雨に紛うのイメージが強かった。

    相変わらず市がかわいい。
  • 行きゆきて峠あり(下)
    すごい、お話ですよね!!面白いとか面白くないとかそんなんじゃなくて、スゴイ!!って言葉しか出ない。
    箱館戦争の生々しいまでの描写とか、それぞれの考えと策略とか、息を呑んで時間も忘れて読み耽りました。
    下巻の半ば、海上での戦いは本当に胸に詰まるものがあり、思わず泣いてしまったほどです。
    蟠竜艦長の松岡...続きを読む
  • 行きゆきて峠あり(上)
    すごい、お話ですよね!!面白いとか面白くないとかそんなんじゃなくて、スゴイ!!って言葉しか出ない。
    箱館戦争の生々しいまでの描写とか、それぞれの考えと策略とか、息を呑んで時間も忘れて読み耽りました。
    下巻の半ば、海上での戦いは本当に胸に詰まるものがあり、思わず泣いてしまったほどです。
    蟠竜艦長の松岡...続きを読む

特集