行きゆきて峠あり(下)
  • 最新刊

行きゆきて峠あり(下)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

官軍への幕府海軍艦船引き渡しを拒否した榎本武揚は、主力を率いて箱館へ向かう。脱走である。一旦は松前軍を破り独立政府を名乗るが、官軍の圧倒的な物量の前に降伏、かくて榎本らは江戸の獄中へ……。得意の聞き書き、関係者の証言等を多用し、榎本武揚とその時代を骨太に描く、巨匠晩年の代表的雄篇。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
大衆文学館
ページ数
346ページ
電子版発売日
2011年11月04日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

行きゆきて峠あり(下) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    すごい、お話ですよね!!面白いとか面白くないとかそんなんじゃなくて、スゴイ!!って言葉しか出ない。
    箱館戦争の生々しいまでの描写とか、それぞれの考えと策略とか、息を呑んで時間も忘れて読み耽りました。
    下巻の半ば、海上での戦いは本当に胸に詰まるものがあり、思わず泣いてしまったほどです。
    蟠竜艦長の松岡...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    上巻に続き、いろんな部分に付箋を貼りながら読み進めたい逸品。
    表題の『行きゆきて峠あり』は小笠原長行公の和歌の一部らしいです。

    このレビューは参考になりましたか?

行きゆきて峠あり のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 行きゆきて峠あり(上)
    江戸昌平黌の卒業試験に落ちた榎本釜次郎は、彼を見込む箱館奉公・堀織部正に随って北海道を知り、また長崎で海軍の技術を習得する。オランダ留学も果たし海軍副総裁となった榎本だったが、倒幕の流れは洋々たる前途を一気に押し流す。「男」を描いて定評ある著者が辿る幕末の異才・榎本武揚の運命。
  • 行きゆきて峠あり(下)
    官軍への幕府海軍艦船引き渡しを拒否した榎本武揚は、主力を率いて箱館へ向かう。脱走である。一旦は松前軍を破り独立政府を名乗るが、官軍の圧倒的な物量の前に降伏、かくて榎本らは江戸の獄中へ……。得意の聞き書き、関係者の証言等を多用し、榎本武揚とその時代を骨太に描く、巨匠晩年の代表的雄篇。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

子母澤寛 のこれもおすすめ

雨の音 子母澤寛幕末維新小説集

雨の音 子母澤寛幕末維新小説集

  • ブラウザ試し読み

遺臣伝

遺臣伝

  • ブラウザ試し読み

父子鷹(上)

父子鷹(上)

  • ブラウザ試し読み

国定忠治

国定忠治

  • ブラウザ試し読み

新選組挽歌 鴨川物語

新選組挽歌 鴨川物語

逃げ水 上

逃げ水 上

  • ブラウザ試し読み

ふところ手帖

ふところ手帖

  • ブラウザ試し読み

味覚極楽

味覚極楽

  • ブラウザ試し読み