「一色伸幸」おすすめ作品一覧

「一色伸幸」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/09/04更新

ユーザーレビュー

  • 配達されたい私たち
    うつ病になった人がどう感じどう生きているか詳しく語られていますが、解らない人には自己中心的としか見られないんだろうな。全体的に言葉の選び方が巧く、心に響きます。しかし奥さんのあの行動はちょっと……。主人公が死にたくなった気持ちも解ります。救われたような、救われないような、読む人によってかなり印象が変...続きを読む
  • 配達されたい私たち
    鬱病を患った主人公が自殺をするために侵入した、廃墟となった映画館で、7年前に配達されるはずだった郵便物の束を見つけ、自殺へのカウントダウンとしてそのうちの7通を配達する物語。
    7年前の手紙を受け取った人たちとの対話から、主人公が得るものとは。

    鬱を題材にした作品は数多ありますが、この作品のディテー...続きを読む
  • 配達されたい私たち
    鬱病を患った主人公が自殺しようとしたとき、ふと見つけた配達されなかった7年前の手紙の束。自殺する踏ん切りをつけるため、主人公は手紙の配達をすることに。まったく感情に起伏のなかった主人公が、手紙の配達を通して徐々に変わっていく姿がとても心に沁みる。
  • 僕らはみんな生きている(4)
    最初はゆっくりですが、途中からスピードがぐっとあがる、それが個性的なキャラクターとあいまって疾走感が素晴らしい。
    現実なのかどうかわからない感じのラストが凄い意味深で好きである。
  • 幸せであるように
    青森から東京へ修学旅行をする高校生、先生、その関係者たちのショートストーリ短編集。

    題名になっている「幸せであるように」は好きなお話。最後の切なさが好き。自分の今までの行動を悔いる教師のお話。

    オレはオレをこじらせているも好きなお話。

    人は後悔の連続だけど、それでもどこかで結団しないといけませ...続きを読む

特集