「凪かすみ」おすすめ作品一覧

「凪かすみ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:凪かすみ(ナギカスミ)
  • 性別:女性
  • 職業:イラストレーター

『刻の王国 』(あすか)、『赤き月の廻るころ』(岐川新)、『レンタル執事』(藤咲あゆな)など小説で挿絵を手がける。

作品一覧

2018/04/06更新

ユーザーレビュー

  • 一華後宮料理帖 第三品
    読みやすく、華やかで、美味しそうで。好きな話です。三品目の料理は早い段階で予想できましたが、シュリの想いが色を添えるというか。四夫人もしっかり活躍してすっきり!
    政治絡みのごちゃごちゃした話は苦手なのでラストの引きはいただけない。重い話は苦手ー。星5は今回までかも。
  • 一華後宮料理帖 第二品
    軽く読めてすっきりなラスト。はじめましての作家さんだったけど、たくさん書いてるようなので別シリーズも読みたい。
  • なりゆき斎王の入内 ―この婚姻、陰謀なりけり―【期間限定 無料お試し版】

    続きが気になる

    もともとイラストレーターの凪かすみさんのファンで、ちょうどこの小説が無料になっていたのを機に読んでみました。結果は大満足!でも、まだ両思いとはいえ、お互いの気持ちが通じ合うところまではいってないので続編が楽しみです。
  • 嘘つきたちの輪舞
    後味悪ううううう!!!

    「大帝の恋人」「皇女アナスタシア」がハッピーエンド(寄り)だったから油断していた……。
    コバ短受賞作で初めて作品を読ませていただいた時の、後味の悪さが蘇ってきたでござる。
    こ……これぞ、本領発揮……。
    この人が本当に好きなのはこっちなんだろうなあ、と何となく察しはついてたん...続きを読む
  • 皇女アナスタシア ~もう一つの物語~
    良かった~~~もうもうすっごい良かったよ~~~!!

    ベルリンで保護された記憶喪失の女が、数年前に銃殺されたはずのロマノフの皇女アナスタシアを名乗り始める。アナスタシアと幼馴染のグレブが彼女に会いに向かうという興味引かれまくりな導入部から、過去の話、全ての真相が明らかになるラスト、全部超好みでした。...続きを読む

特集