清水洋の一覧

「清水洋」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/08/21更新

ユーザーレビュー

  • 野生化するイノベーション―日本経済「失われた20年」を超える―(新潮選書)
    【イノベーションとは目指すものというよりも、あくまでも課題解決の結果です。イノベーションを起こすことが目標になるということ自体、本末転倒ぎみです】(文中より引用)

    すっかり巷間に定着した「イノベーション」という言葉。その光と影に焦点を当てつつ、イノベーションの生態について掘り下げた一冊です。著者は...続きを読む
  • 野生化するイノベーション―日本経済「失われた20年」を超える―(新潮選書)
    <目次>
    はじめに 野生化するイノベーション
    序章あなたがスレーターだったらなら旅立ちますか
    第1章イノベーションとは何か
    第2章企業家がなぜ必要なのか
    第3章3つの基本ルール
    第4章イノベーションをめぐるトレードオフ
    第5章イノベーションはマネジメントできるか
    第6章成長を停滞させた犯人な...続きを読む
  • 野生化するイノベーション―日本経済「失われた20年」を超える―(新潮選書)
    これはビジネス系の本の中では久しぶりに超面白かった。
    さすが、神戸大学の忽那先生の推薦。
    イノベーションの歴史、イノベーションの生まれるメカニズム、イノベーションの及ぼす影響など、短いながらいろいろな角度からイノベーションを論じている。
  • 野生化するイノベーション―日本経済「失われた20年」を超える―(新潮選書)
    「野生化するイノベーション」というタイトルは、“もともとイノベーションって野生でしょ?”と考えている向きには何だかピンと来ないタイトルだと思う。そういう意味であまり期待せずに読み始めたのだが、良い意味で予想を裏切る本であった。

    まず著者自身、この企画は「イノベーションの歴史を書いてみませんか?」と...続きを読む
  • 野生化するイノベーション―日本経済「失われた20年」を超える―(新潮選書)
    イノベーションの負の面まで明確明瞭に解説してくれている。読んだからと言ってイノベーションをポンポン出せるわけではないが、先々の障害や注意点まで気が回りそう。最後半の規制の話がいちばん印象的。良書。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!