「柳谷晃」おすすめ作品一覧

「柳谷晃」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/09/01更新

ユーザーレビュー

  • 面白くて仕事に役立つ数学
    実学としての数学の大切さを説いた本です。

    「いろんな場面で使われている数学」についての説明は、確かに意味があると思うのですが、「学校で習う数学が、実際にはどのような形で役に立つ、あるいは、役に立っているのか」という視点は弱く、そういう意味では、物足りませんでした。
     ※場面に対応する数学の紹介...続きを読む
  • 天才数学者たちの超・発想法
    この本を読んで頭がよくなるとかいうことはないのですが、数学が面白く感じるかもしれません。数学は「論理力」というよりも「発想力」というのも面白かったですし、平均を求めるときにすでに確率の概念が入っているというのも目からうろこでした。
    数学アレルギーの人の一歩目によいかもしれません。
  • 数学はなぜ生まれたのか?
    特に目新しい知識はなかったが、昔勉強したことをいろいろ思い出せて懐かしい気持ちになる。

    ただ、現実社会に言いたいことがあるのなら、象牙の塔から見下ろして、人を小馬鹿にした態度で他人事的に批判するのではなく、然るべき議論の場に参加して現実社会に働きかけて欲しい。
    著者が批判する現在の金融工学に対して...続きを読む
  • 天才数学者たちの超・発想法
    数学の歴史の裏話から数学やその他科学に向き合う姿勢まで、心のこもった平易な言葉で語りかけてくる授業をイメージできる説明に、数学に興味を持ち深めようとする気持ちが湧き上がってくる。
  • 世の中の罠を見抜く数学
    社会、経済、科学、生活…、日常生活に関わる広い分野にわたり、数学的に「真実」を解き明かしていく考え方を説く。
    広範に及ぶ考察の材料が、読者を学問の世界に誘う。
    最近、数学に関する類書が目に留まることが多いように思うが、数学を苦手に感じている人でも手にとれる1冊ではないか。

特集