「吉村仁」おすすめ作品一覧

【吉村仁】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/12/13更新

ユーザーレビュー

  • 17年と13年だけ大発生?素数ゼミの秘密に迫る!
    『17年と13年だけ大発生?素数ゼミの秘密に迫る!』
    (吉村仁、2008年、サイエンス・アイ新書)

    アメリカでは、13年と17年おきに発生するセミ(周期ゼミ)がいます。
    実はカギは13と17がともに素数であるということにありました。

    また、
    アメリカの面積と日本の面積を比べた場合、日本はアメリカ...続きを読む
  • 17年と13年だけ大発生?素数ゼミの秘密に迫る!
    [ 内容 ]
    北アメリカで、17年や13年のサイクルで大発生する周期ゼミ。
    この周期ゼミの謎を解き明かし、生物界を“あっ”といわせた著者が、仮説やモデルを使った検証をもとに、周期ゼミ(素数ゼミ)の全貌を解き明かす本書は、生物進化についても衝撃的な展開が盛りだくさん。
    「生き残るための条件とは?」「メ...続きを読む
  • 17年と13年だけ大発生?素数ゼミの秘密に迫る!
    素数年ごとに大発生する北米のセミの生態と進化について。素数である理由については10年以上前に高校で聞いたことがあったけれど、その進化についての仮説がまた面白かった。
  • 17年と13年だけ大発生?素数ゼミの秘密に迫る!
    米国で、13年・17年起きにセミが大発生するそうなのだが、これに素数が関係していたというから驚き。その他、北アメリカやヨーロッパに虫の数が比較的少なく、日本は比較的多い理由も興味深かった。我々の文化の一部となっている虫たちがこうして多様化したのだなと感慨深いです。