李學仁の一覧

「李學仁」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:李學仁(イハギン)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1945年11月09日
  • 出身地:韓国

1975年に『異邦人の河』で映画監督としてデビュー。漫画原作者として『三夢伝』、『蒼天航路』、『武と魂』などの原作を手がける。『蒼天航路』は講談社漫画賞を受賞している。

作品一覧

2011/11/11更新

ユーザーレビュー

  • 蒼天航路(1)
    10年前くらいに読んだものの再読

    曹操孟徳の魅力に取り憑かれる導入部として
    充分過ぎる第1巻

    最近観た三国志のドラマがつまらなくて
    蒼天航路を読みたくなりました

  • 蒼天航路(5)
    宦官たちを一掃してくれるのはいいけど
    董卓怖すぎです。やだやだ
    この巻の見どころは
    夏侯惇の目ン玉ぱくり
    あそこは何回読んでも驚き&笑っちゃいます
  • 蒼天航路(36)
    関羽の死から始まり、曹操の逝去で終わる。
    死んだのちに、関羽は敬われる存在、劉備は語り継がれる存在、そして曹操は時代を変えた存在になった。
    いやー、マンガだけど人生の中でもこれだけ感動する本はなかったなぁ。
    自分も死ぬときに「ならばよし!」と言って終わりたい。
  • 蒼天航路(28)
    天下や天意という言葉が「たぶんいらなくなったんだろうな」という曹操のセリフが、覇道の終焉が近いことを表している。一言で偉業を表す良い言葉です。

    荀彧が歳を取っても良い感じ。
    大好きなキャラクターです。
  • 蒼天航路(34)
    漢中王になった劉備。
    実力があるとは思えないが、朝廷発祥の地で王を名乗ることの威力の凄まじさ。乱世は新しい秩序と古い伝統の両方を求めるのかもしれない。
    しかし関羽の久しぶりの登場には心踊った。