「真刈信二」おすすめ作品一覧

「真刈信二」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:真刈信二(マカリシンジ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本

『勇午』、『スパイの家』、『スパイハンドラー 怜とミレイ』などの作品を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/08/10更新

ユーザーレビュー

  • イサック 4巻
    刹那で破滅を好む錬蔵の性癖発露。
    この性癖からすると、ゼッタの行く末が惨憺たるものになってしまいそうで、想像が重たい。彼女自身、宗教上の理由でいつなんどき魔女狩りの被害者になるかもしれない身の上という不安定な立場だしなぁ。自分のやれることを健気にこなしていく姿は、可憐な存在なので。イサックの拠り所に...続きを読む
  • イサック 3巻
    今明かされる、イサックと錬蔵の過去。
    まあ、いきさつは野望と恋情と跡目相続と、というイサック・錬蔵と師匠の娘であるしほりの三者三様の思惑が混ぜこぜになったやつです。

    狙撃された傷が癒えず銃士として活動できないイサック。ただの置物でなく、ここまでの戦の経験で培ってきた戦略・戦術を活かして参謀のような...続きを読む
  • イサック 2巻
    スペイン騎兵との戦いは続行中。深手を負いながらも、銃士としての実力を発揮していくイサック。そんな中、追いかけてきた仇の錬蔵と遭遇します。
    なんだか、自分の実力を戦場とはいえ、殺人という結果をもって示したい欲求が強そうだ。里の掟と想い人が絡んでいそうなイサックの過去。
    イサックに協力的なゼットとオーパ...続きを読む
  • アフタヌーン 2017年12月号[2017年10月25日発売]

    トルフィン!

    あんな表情するなんて!長い連載だからできる奥深い引きに完敗ですw

    マージナルオペレーションとフラジャイルは安定の面白さ♪
  • イサック 1巻
    恩人の仇討ちのため、大阪の陣の日本からヨーロッパへ渡って戦う銃士イサックのお話。
    当面の敵は、スペイン軍。
    遠距離狙撃、早撃ちと技量を見せつけるイサックですが、銃の優位さがなくなる接近戦ではどうなのか、という重装騎兵との遭遇戦で、2巻へ続く。

    とにかくわくわくがとまらない。文化・風土何もかもが違う...続きを読む

特集