勇午(1)
  • 完結

勇午(1)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

交渉とは言葉を武器にした戦いである――。世界一の交渉成功率を誇る交渉人(ネゴシエイター)・別府勇午(べっぷゆうご)のもとに現れた涙を浮かべた若い女性・岩瀬繭子(いわせまゆこ)。「どうか、お願いです……父を……たすけてください」1人の日本人サラリーマンが反政府ゲリラ集団に誘拐され、多額の身代金が要求される事件が起きていた。勇午は繭子の思いとともに単身パキスタンへ向かう。ダコイットとパキスタン政府軍の思惑が絡む灼熱の大地で、勇午の交渉(ネゴシエーション)は成功するのか!?

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
アフタヌーン
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
101MB

書店員のおすすめ

世界一の交渉成功率を誇る交渉人(ネゴシエイター)「別府勇午」(べっぷゆうご)。日本のビジネスマンが反政府ゲリラ集団に誘拐され、多額の身代金が要求される事件から物語は始まります。巻数を重ねるごとに、アジア地域を中心とした世界各国のテロリストたちとの交渉に挑む勇午。本作品を読むと、人命を第一優先とする交渉の難しさがよく分かります。

中東のテロリスト集団による邦人人質事件で、日本もまさにテロの脅威にさらされています。マンガの中の世界が現実のものとなってきた今、思わず勇午のような交渉人がいることを切に願ってしまいます。
「ゴルゴ13」など国際情勢や紛争が舞台の作品が好きな方にもおすすめのシリーズです。

    Posted by ブクログ 2009年06月11日

    交渉人・別府勇午が世界を舞台に命の危険を背に依頼を遂行していく物語。高校時代、この漫画に影響され、ロシアへ渡りました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2008年11月20日

    交渉人・別府勇午の戦いを描く交渉人漫画。
    お楽しみは勇午の交渉術と毎回の拷問。(笑)
    大人も楽しめる漫画です。

    パキスタン編

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2007年08月14日

    1〜14巻、日本編。世界各地をまたにかける交渉人・勇午の活躍を描きます。マスターキートンとか好きな人にお勧め。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2006年10月17日

    政治問題のお話があったり、宗教的対立なお話があったりと
    小難しそうに見えるかもしれないけど、ぐいぐい
    引き込まれるので私は一気に読めちゃいました。

    男も女も勇午には惚れる!

    とりあえずどの事件でも勇午は拷問されますw

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2005年05月20日

    凄腕ネゴシェーター・勇午が世界各地を飛び回って交渉する話。世界情勢とリンクしてるとこもあって面白い。勇午の仕事(人)に対する信念がちょっとウザいと感じることもあるけど、こういうアツイ話は基本的に嫌いじゃないデス。あと、勇午はほぼ毎回、交渉を邪魔しようとする人に捕まって拷問にかけられてます。なので、S...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月09日

    作者拷問に凝りすぎだろと苦笑する。

    だけど個人的にずっと買い続けてしまう漫画。
    勇午の超人っぷりがヤバい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2008年10月27日

    ありえるのか、ありえないのかは分からんけど、結構面白い。
    麻生さんが「外交を語るならまず勇午を読め」って言ったらしいよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2008年01月15日

    MASTERキートンが好きなので買ってみた。
    ちょっと主人公が熱めかな。
    世界情勢の勉強になるです。

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 全22巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 22件
  • 勇午(1)
    完結
    660円(税込)
    交渉とは言葉を武器にした戦いである――。世界一の交渉成功率を誇る交渉人(ネゴシエイター)・別府勇午(べっぷゆうご)のもとに現れた涙を浮かべた若い女性・岩瀬繭子(いわせまゆこ)。「どうか、お願いです……父を……たすけてください」1人の日本人サラリーマンが反政府ゲリラ集団に誘拐され、多額の身代金が要求される事件が起きていた。勇午は繭子の思いとともに単身パキスタンへ向かう。ダコイットと...
  • 勇午(2)
    完結
    660円(税込)
    交渉とは言葉を武器にした戦いである――。最強の交渉人(ネゴシエーター)・別府勇午(べっぷゆうご)、熱砂の地に起つ! 勇午と踊り子の娘はハジが手配したナツメヤシを運ぶ荷車でキルタル山脈へ向かっていた。途中、東京に居る繭子との無線連絡をダコイット警戒中のパキスタン軍に傍受されてしまい、砂漠パトロール隊に尋問を受けてしまう勇午たち一行。勇午はユフス・アリ・メサ率いる「ダコイット」の...
  • 勇午(3)
    完結
    660円(税込)
    別府勇午(べっぷゆうご)の交渉(ネゴシエート)は成功するか!? パキスタン編、クライマックス!! 身代金の受け渡しについて話し合う勇午とアリたち。だが勇午の立てた作戦はダコイットに自分達の村を放棄させるという厳しいものだった。兵たちには動揺が走るが、アリは勇午を信頼して作戦に同意し、夜明け前に村を発つ。一方、勇午から無線連絡を受け、危険を顧みずパキスタンに向かう事を決意する繭子...
  • 勇午(4)
    完結
    660円(税込)
    「ロシアに幽閉されている孫娘を奪還してほしい」――美しい女性秘書・オリガに案内された別府勇午(べっぷゆうご)は、ロシアの亡命貴族・アンドレイから12才の少女の奪還依頼を受ける。唯一の手がかりは、哀しげな表情を浮かべた少女の写真と片割れのハリストスの指輪。果たして勇午は単身ロシアへ向かうが、既にロシア内務省が待ち受けていた。裏切り、陰謀、そして祖国への思い。莫大な隠し財産が見え隠...
  • 勇午(5)
    完結
    660円(税込)
    ロシアに幽閉されている少女・ナージェンカ奪還の依頼を受け、極東ロシア・ウラジオストックに降り立った別府勇午(べっぷゆうご)だったが、既にロシア当局が監視の目を光らせていた。かつて、父が母の密告により西側のスパイ容疑で逮捕された、暗い過去を持つロシア近代史専攻の女子大生・リューバと出会う勇午。リューバは勇午の熱い意志に触れ、交渉の鍵を握るであろう東シベリア会社の革命直前記録を...
  • 勇午(6)
    完結
    660円(税込)
    交渉とは言葉を武器にした戦いである――。世界一の交渉成功率を誇る交渉人(ネゴシエイター)・別府勇午(べっぷゆうご)が極寒の地で挑む、命懸けの交渉!! 遂にガラーホワ少将との交渉(ネゴシエーション)に辿り着いた勇午。勇午はナージェンカの身の安全を確かめ、ナージェンカの前で資産引き出しに必要な残りの3桁の暗証番号を教えると提案する――。『ロシア編』完結!
  • 勇午(7)
    完結
    660円(税込)
    交渉とは言葉を武器にした戦いである――。成功率97.4%……世界一の交渉成功率を誇る交渉人(ネゴシエイター)・別府勇午(べっぷゆうご)が受けた新たなる依頼。それは、“仔犬の返還交渉”という不可解なものだった。香港へ渡った勇午は、依頼主である“愁林(シューリン)”を名乗る女性と対面する。友人・マギーを人質として取られた勇午は、彼女を救うため、香港『黒社会(ハイセーウー)』が絡んだ最も危険...
  • 勇午(8)
    完結
    660円(税込)
    交渉とは言葉を武器にした戦いである――。成功率97.4%……世界一の交渉成功率を誇る交渉人(ネゴシエイター)・別府勇午(べっぷゆうご)。その勇午が唯一失敗した交渉――それは、8年前のトルコ・イスタンブール、クルド人独立解放戦線で起こった事件だった。とある日、8年前の修羅場を共に経験した元・イギリス軍連絡将校のアーサーから勇午に、一通の手紙が送られてくる……。
  • 勇午(9)
    完結
    660円(税込)
    交渉とは言葉を武器にした戦いである――。成功率97.4%……世界一の交渉成功率を誇る交渉人(ネゴシエイター)・別府勇午(べっぷゆうご)は、テロリズムという名の狂気と対峙する。EU外相会議への爆破予告――犯行声明を出したのはIRA! 言葉のみを武器とする交渉人に、過激テロ組織と渡り合う術(すべ)はあるのか。
  • 勇午(10)
    完結
    660円(税込)
    交渉とは言葉を武器にした戦いである――。成功率97.4%……世界一の交渉成功率を誇る交渉人(ネゴシエイター)・別府勇午(べっぷゆうご)。勇午の恩人でもある女性・フェイがインドで謎の死を遂げた。真相を追う勇午だが、狂信的宗教団体が彼を付け狙う。すべての発端となった“ニルーファの涙”とは何なのか。勇午は、親友の遺志を継ぐため、宗教対立を融和させる鍵“ニルーファの涙”を追う。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています