「愛本みずほ」おすすめ作品一覧

「愛本みずほ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:愛本みずほ(アイモトミズホ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1964年11月29日
  • 出身地:日本 / 大阪府
  • 職業:マンガ家

1987年『彼のポケットに天使』第5回BFまんがオーディションで佳作となり、同作でデビュー。『由希子 -輝くいのち』、『だいすき!! ゆずの子育て日記』がTVドラマ化された。その他作品に『ひまわり!! それからのだいすき』などがある。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/11/13更新

ユーザーレビュー

  • ぼくの素晴らしい人生 1巻

    分かる!!

    私は相貌失認です、人の顔が分かりません。クラスメイトすら覚えられなかった。親しくなると何となく覚えられる。顔ではなく声や雰囲気、服装で。ただ分からない自覚もないから、他の友達がクラスメイトの顔と名前が分かるのを「私より他の人達と仲良しだからなんだ」と思っていた。私は仲良くしてもらえないから覚えられな...続きを読む
  • 由希子―輝くいのち― 1巻

    この人、覚えてる

    確か長編ドラマにもなった。
    最後は女優さんじゃなくて、やっと見つかったドナーからの骨髄がヘリコプターで病院に運ばれる実際の映像だった。
    「一刻も早く!」と運ばれたのに、次に流れたのは闘病生活を送るご本人の写真…そして、この漫画と同じ片目からスッと涙が落ちるワンシーンで終わった。

    「間に合わ...続きを読む
  • ぼくの素晴らしい人生 1巻
    物語の主人公は「ディスレクシア(読み書き障害)」です。
    しかし、自分が「ディスレクシア」であることに気付いていませんでした。
    彼は、同じくディスレクシアである喫茶店のマスターから、
    「もしかして、きみ、ディスレクシア?」と言われます。

    「読み書き障害」の理解啓発が必要である理由を再確認できた本書。...続きを読む
  • ぼくの素晴らしい人生 3巻
    「障害」をテーマにしているものの、単なる理解啓発マンガではない。この作者、ストーリーが素晴らしくうまい。
    ぼくの知っているマンガ家でいうと、あだち充?と同じくらい、うまい。ストーリーの作り方が。心の機微の描き方が。

    女性誌の連載マンガだけど男性にも受け入れられる読みやすく親しみやすい絵柄。これでス...続きを読む
  • ぼくの素晴らしい人生 2巻
    主人公の子供時代を知ることで、感情移入が進む第2巻。
    ディスレクシアの子供の苦労がわかるが、それだけではない。本当に魅力あるストーリー。