「岩田誠」おすすめ作品一覧

【岩田誠】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/10/25更新

ユーザーレビュー

  • 神経内科医の文学診断

    脳と神経の第一人者である筆者が、文学作品中に現れる自身の専門領域の病気や症状について語ってくれる本。書店で見つけて興味を持ち、目次を見る。芥川龍之介の『歯車』に現れる閃輝暗点の記述があった。これはその昔、当時つきあっていた彼女が教えてくれた話で、彼女自身も閃輝暗点を経験していた。

    妙な懐かしさを感...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 神経内科医の文学診断

    神経内科医の視点で文学のなかに描写される人物たちの症例から、病名を特定して記述する。実に変わった文学入門と言える。興趣多々。(16/1)
    ▶︎新しい視点で小説を診る
     神経内科とは、脳、脊髄、末梢神経、そして筋肉の病気を扱うもので、具体的な病名には、脳卒中、脳腫瘍、筋萎縮症、頭痛、てんかん、多発性硬...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 神経内科医の文学診断

    近頃、何でもない漢字が突然書けなくなったり、しゃべっている途中でろれつがうまく回らなくなり、俗に言う「かんで」しまうことがふえた。人の名前が出て こないことは、ずっと前から少しずつ徴候として出てきてるので、加齢によるボケの始まりだろう、と軽く考えていたのだが…。

    岩田誠氏の『神経内科医の文学診断』...続きを読む

    Posted by ブクログ