「魯迅」おすすめ作品一覧

「魯迅」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

無料
村芝居
0円(税込)
無料
不周山
0円(税込)
無料
風波
0円(税込)
無料
頭髪の故事
0円(税込)
無料
端午節
0円(税込)
無料
故郷
0円(税込)

作品一覧

2013/12/20更新

無料あり
阿Q正伝
  • ブラウザ試し読み

無料あり
狂人日記
  • ブラウザ試し読み

無料あり
薬
  • ブラウザ試し読み

無料あり
些細な事件
  • ブラウザ試し読み

阿Q正伝
  • ブラウザ試し読み

無料あり
明日
  • ブラウザ試し読み

無料あり
兎と猫
  • ブラウザ試し読み

無料あり
鴨の喜劇
  • ブラウザ試し読み

無料あり
孔乙己
  • ブラウザ試し読み

無料あり
幸福な家庭
  • ブラウザ試し読み

無料あり
故郷
  • ブラウザ試し読み

無料あり
端午節
  • ブラウザ試し読み

無料あり
頭髪の故事
  • ブラウザ試し読み

無料あり
「吶喊」原序
  • ブラウザ試し読み

無料あり
白光
  • ブラウザ試し読み

無料あり
風波
  • ブラウザ試し読み

無料あり
不周山
  • ブラウザ試し読み

無料あり
村芝居
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 阿Q正伝・狂人日記 他十二篇-吶 喊
    この歳になるまで魯迅を読まずに来てしまったのですが、勿体ぶらずにさっさと読んでおくべきだった。こういう世界であったか、まさに近代文学。著名な表題作のほか、「故郷」のラスト1行が心を打ちました。
  • 阿Q正伝・狂人日記 他十二篇-吶 喊
    魯迅はJ.ジョイスのダブリナーズを読んでいたのだろうか?
    ダブリナーズが世に出たのは1915年。一方で、この本に収められた短編のうち最初となる「狂人日記」発表は1918年。

    ダブリナーズは短編15編から成り、幼年、思春期、成人、老年といったあらゆる階層のダブリン人を題材とし、人間の欲望や宗教観など...続きを読む
  • 阿Q正伝・狂人日記 他十二篇-吶 喊
    ・狂人日記…よくこれほど狂人心理を精緻に洞察し入り込めるなあ。「孔乙己」なんか憎めないし勿体ない哀れな人間。こんな人、いる。序章で書かれている寂寞感をまさに感じる作品。「明日」は号泣した。読み終わった時の息苦しさ、本当に現実に宝児が死んでしまった悲しみで打ちひしがれる母親の姿、そこにいる登場人物すべ...続きを読む
  • 阿Q正伝・狂人日記 他十二篇-吶 喊
    狂人日記:これがデビュー作だなんて、驚いてしまいます。私の乏しい読書経験では、こういうことを書き始めたらその作家さんはちょっとアブナイ…と、思っていたので。
    阿Q正伝:阿Qは、なぜか途中から脳内で寅さんに変換されました。寅さん、ごめんなさい。
    白光:狂人日記と、同じ系統で、もっと切羽詰まっています。...続きを読む
  • 阿Q正伝・狂人日記 他十二篇-吶 喊
     順序からいうと「狂人日記」が先で「阿Q正伝」が後だ。自序を除いて14篇の短篇集である。

     中国社会に蔓延している病根は「馬々虎々」(マーマーフーフー)、一言で言うなら「いい加減」「どうでも良い」といった態度のことだそうだ。魯迅はこれに日本留学中に気が付き、それまでの医学を止め文学に転向し、「馬々...続きを読む