「和久田正明」おすすめ作品一覧

「和久田正明」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:和久田正明(ワクダマサアキ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1945年
  • 出身地:日本 / 静岡県
  • 職業:脚本家

脚本で『必殺仕事人』、『桃太郎侍』など、小説で『夜桜乙女捕物帳シリーズ』、『八丁堀つむじ風シリーズ』などの作品を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/09/15更新

ユーザーレビュー

  • 鬼譚
    表紙と「鬼」のキーワードに惹かれて購入。
    字が少なくてすぐに読める。
    鬼に関わる怪奇なお話の短編集。

    ①「大江山」
    源頼光や安倍晴明による鬼退治。
    ②「因果花」
    今の群馬県安中に住む繭は、親の仇を探している。そこに現れた鬼は実は…。
    ③「鬼柳生」
    柳生十兵衛とその魂を狙う鬼の攻防。
    ④「幽霊城」
    ...続きを読む
  • 夫婦十手
    父の死後、岡っ引きを継ぐお蝶、飛脚だった虎三と二人で岡っ引きを始める。
    父の敵は、甲と加代に殺され、幼なじみの九女八を下っぴきに、事件を解決していく。
  • はぐれ十左御用帳 罪なき女
    第九弾
    一匹狼の同心十左、バックに老中松平定信が控え、お庭番の紫乃、同僚の老同心と若い妻、登場人物が時代劇の定番
    一冊で一話と長さも適当である
  • はぐれ十左御用帳 卍の証
    第8弾
    今回は1代目篤姫を絡めたストーリー、人物はいつも通りで面白く読める。女性陣の活躍もあるが、主人公がやはり強すぎる。
    敵方の組織としてはまあまあなのだが、もう少し強い敵役が欲しい。
    篤姫はNHKのドラマ描写と酷似している。実際1代目のことは分からないのでかまわないが。
  • 嵐を呼ぶ女
    シリーズ第一弾
    仕えている同心が殺されたため引退した岡っ引きの孫娘小夏が同心の倅、祖父の元子分を率いて活躍!
    短編四話構成で読みやすい

特集