十手婆 文句あるかい 火焔太鼓

十手婆 文句あるかい 火焔太鼓

作者名 :
通常価格 756円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

白髪丸髷に横櫛を挿す、江戸っ子婆お鹿の、意地と気風の弔い合戦!

木賃宿で皆殺しの惨劇が!
騒然とする奉行所だったが、岡っ引きの駒蔵も殺される。
女房が亭主の弔い合戦と、形見の十手で悪行を暴く!

深川のうらぶれた木賃宿で、宿の主や使用人、三人の泊まり客のすべてが殺される惨劇があった。騒然とする奉行所だったが、目的も分からず下手人の目星もつかない。岡っ引きの駒蔵は、家族の皆と一緒に手分けして見えない下手人を追うが、逆に殺されてしまう。女房のお鹿は息子二人と共に、亭主の敵でもある下手人をどこまでも追うが……。江戸っ子婆の啖呵が悪を暴く!

ジャンル
出版社
二見書房
掲載誌・レーベル
二見時代小説文庫
ページ数
308ページ
電子版発売日
2019年05月01日
コンテンツ形式
EPUB

「十手婆 文句あるかい 火焔太鼓」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年04月05日

和久田正明 著「十手婆文句あるかい」、2018.11発行。深川入舟町に暮らす十手一家の物語。駒蔵親分60歳、妻お鹿55歳、駒蔵と前妻の子秀次とその妻おぶん、異母弟多助。多助の失敗で駒蔵が命を落とし、お鹿を中心に3人が事件の解決(駒蔵の仇討)を。おぶんがいい味の役を担ってます。第2巻も既に出ているよう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月28日

岡っ引きの女房お鹿、殺された亭主の仇をとるため息子二人とある旅籠皆殺し事件へ
一人の女を殺す為関係ない者まで、非道な悪を討つ

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,919

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!