木ノ戸昌幸の一覧

「木ノ戸昌幸」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/03/15更新

ユーザーレビュー

  • まともがゆれる ――常識をやめる「スウィング」の実験
    世の中には3つのパズルのピースがある。
    一つは世間が要請するピース。
    根気強くあれ,上へ上へ目指せ,負けてはならないなどなど。
    もう一つは自分が生まれ持ったピース。
    性格や周りの環境など。
    最後は自分が使いたいピース。
    持っている持っていないに関係なく自分が使いたいピースのこと。

    この3つのピース...続きを読む
  • まともがゆれる ――常識をやめる「スウィング」の実験
    「折々のことば」で、この本に寄稿している稲垣えみ子さんの「そう『健常』が『障害』になっているのだ!」との言葉がきっかけで、この本を読んだ。

    失敗したっていい、弱くていい、できなくてもいい、ダメだっていい。だって、人間なんだから。

    違うものは違う。それでいい。そこで自分が何を感じたのか、何を思った...続きを読む
  • まともがゆれる ――常識をやめる「スウィング」の実験
    障害者施設スウィング。
    ここには、世の〝まとも〟が通用しない。
    おかしな〝まとも〟が大腕をふって歩く世の中。
    スウィングの皆さんは、それをふわりとこえていく。
    こんなに明るく、こんなに面白く、こんなに心が震えて、こんなに考えさせられる本は、他に無い。
    すごくすごく、いい本。
  • まともがゆれる ――常識をやめる「スウィング」の実験
    「まとも」であることに神経をすり減らし、「できない」ことに落ち込み、悩み、もがき苦しむ社会のストーリーを多くの人がそれが使命であるかのごとく受け入れているのでは、、と思った。ここ「スウィング」では、「できない」ことにこだわらないだけで不思議と「できる」ことがどんどん増えて行く。会話が生まれ、笑いが生...続きを読む
  • まともがゆれる ――常識をやめる「スウィング」の実験
    武田砂鉄さんの「わかりやすさの罪」
    で紹介されていた一冊

    世の中の「常識」って
    あらためて
    なになのだろう
    と 深く、面白く
    かんがえさせてもらうます

    「こうすべき」
    「こうあるべき」
    「ねばならない」
    に対して
    「?」と
    思うことが多い方、
    一度でも思った方、
    ぜひぜひ
    おすすめです。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!