母袋夏生の一覧

「母袋夏生」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/12/23更新

ユーザーレビュー

  • 走れ、走って逃げろ
    参ったよ。
    こんなの、なにも知らずになんとなく手にとって読んでしまったのだもの、参るよ。
    もしかすると世に知られぬだけで、このような現実が他にも起きていたのかもしれない。
    この子はなぜ生き延びたのか。
    当然だ、神様はこの子を愛して守ったからだ。
    …にしても、ハードだぜ。
    ハードすぎるよ神様。
  • 走れ、走って逃げろ
    以前にこの小説をもとに作られた映画「ふたつの名前を持つ少年」を見て、原作を読みたいと思った。私にはよくあることだけど、そのまま読まずに忘れて何年か過ぎ、たまたまこの本を目にして映画のことを思い出したので読んでみた。

    エピローグで驚いたんだけど、この話は何人かの体験をつなぎ合わせて作ったフィクション...続きを読む
  • 走れ、走って逃げろ
    ブク友さんの本棚でお見かけして手に取りました。
    この本には、ユダヤ人の少年がたったひとりで生き抜く姿が書かれています。

    ナチスの迫害から逃れるため、ただひたすら逃げるユダヤ人の少年。
    でも、少年が嘆き悲しむ姿はそこにはほとんどない。
    そんな余裕なんてないのだから…
    泣いている暇があったら逃げろ!...続きを読む
  • 走れ、走って逃げろ
    ナチスドイツから逃げ延びた戦争孤児がいたことは知っていたけれど、その子ども目線で書かれたものは初めて読んだ。ただ生きるために、必死に知恵と体を使い、ときには人々の親切に助けられ、逃げのびてゆくうちに、本当の名前も、親の顔さえも忘れてしまうのだ。実話だということに、思わずため息が出る。
    こういうものを...続きを読む
  • 太陽の草原を駆けぬけて
    1941年、ロシア占領下でポーランドで暮らしていた5歳のエリューシャと家族は、戦争で故郷を追われた。
     落ちのびた のは、カザフスタンの草原の小さな村。何もかもが未知の暮らしの中で、少年は友達をつくり、言葉を覚え、狩りの知恵を教わり、たくましく成長していく。
     終戦後イスラエルにたどり着くまで、どん...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!