藪下史郎の一覧

「藪下史郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/09/01更新

ユーザーレビュー

  • 移民の経済学
    改正入管法が成立し、外国人労働者が増えることが予想されるが、移民の国と言われるアメリカでその影響について経済学的な視点から分析した書。結論から言えば、意外にも影響はあまりないというもの。日本についてそのまま当てはまるとは限らないが、予断を排して、冷静に判断するための予備知識には最適な書でないかと思う...続きを読む
  • スティグリッツのラーニング・ソサイエティ―生産性を上昇させる社会
    スティグリッツは日本人にとって親和性が高い感じ。まあ読んでみると当たり前なのかもしれないが。いずれにせよ、知的興奮の多い本。
  • 教養としてのマクロ経済学
    この一冊により、自分にとってとても有益な情報を手に入れることができました。以前から疑問に思っていた、デフレ下では借金を返しにくくなる理由が、計算式を以て理解できたことは大きいです。また、今の自分の経済学に関する語彙では、理解できない箇所もあったので、また別の啓蒙書でフォローしていきたいと思います。
  • 非対称情報の経済学~スティグリッツと新しい経済学~
    本書はスティグリッツの弟子でもあり、スティグリッツの教科書の翻訳などを手掛けている著者が非対称情報の経済学について解説・論じた本である。

    情報の非対称性(非対称情報)とは、売り手と買い手(売り手同士、買い手同士)の間で情報量に差があることをいう(p.81)。本書は主に3つの構成となっている。

    ...続きを読む
  • スティグリッツのラーニング・ソサイエティ―生産性を上昇させる社会
    経済を発展させるのはイノベーション。
    イノベーションを起こす土壌はラーニングによる知識のインプット。
    知識へのアクセスを向上させる社会の形成が必要。

    ラーニングの重要性、ラーニングを促進する環境、ラーニング・ソサイエティの形成に必要な政策について。

    政策部分について、他国との関係において、市場の...続きを読む