今井宇三郎の一覧

「今井宇三郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/11/15更新

ユーザーレビュー

  • 菜根譚
    性格にしても生活にしても素朴で普通が一番というのが、一つこの本が持っているメッセージだと思います。

    無意識に思い上がってるような時、落ち込んでいる時など、気持ちのアップダウンを調整してくれる本、読む度に重要な気づきを与えてくれる本として枕元に置いておき、この先ずっと付き合っていきたいと思える本です...続きを読む
  • 菜根譚
    この本はスポーツ選手や、著名人にも読まれてきた名著。
    逆境にあるときや、調子に乗ってしまったとき、
    自分自身に、調子に乗るな、謙虚になれ!と
    しかってくれる本です。

    この本のおかげで、逆境でも以前よりタフになれ、
    謙虚になれる自分に巡り合えました。
    枕の前においておきたい本。
  • 菜根譚
    前編222、後編135の話があり、処世の術を説いたのは前編。でも後編も読んでみて良かった。学べることは多かった。

    学ぶことが多すぎて、1回読んだだけでは頭に入りきらない。

    この手の古典は、読んで自分のものにするのには1回や2回読んだだけでは身につかず、何度も読んで想像し、自分のものにする作業が必...続きを読む
  • 菜根譚
    ・『後集 四八項』  


    機動的

     機び(気持ちが)、動くは(動揺していれば)、
     弓影(弓の影)も疑いて、蛇蝎キカツ(蛇や、蠍ではないか)と為し(思い)、

     寝石(草むらの石)も視て、
     伏虎フクコ(虎が伏せているのではないかと)と、為す(思い込む)

     此の中(動揺している中では)、渾スヘ...続きを読む
  • 菜根譚
    入社時より、折にふれ、何度も読み返してきた座右の書。仏、儒、道の三教に通じた洪自誠による人生訓で、役にたつ珠玉の言葉がちりばめられている。
    最初に購入した本は、表紙も破れ、背表紙もほつれてしまい、バラバラになるないように、セロテープで補強して読み返していたが、見かねた女房が
    今年になりBook Of...続きを読む