宮崎嶺雄の一覧

「宮崎嶺雄」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/03/10更新

黄色い部屋の謎
  • ブラウザ試し読み

ペスト
  • ブラウザ試し読み

魔の沼
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • ペスト
     ペストが蔓延し、隔離されたアルジェリアの港町で、人々の不条理な現実への態度を描く。この不条理というのは説明しがたいが、人間の思い通りにはならない過酷な現実といえると思う。カミュの作品にはこういう人間のあり方を題材にしたものが他にもあるが、この小説の特色は、群像劇風に、不条理な状況下にある様々な人間...続きを読む
  • ペスト
    Q.あなたにとってペストとはなにか?

    A.際限なく続く敗北です。


    それでも治療を続けるリウーさん。かっこいい!
  • ペスト
    読むのに1ヶ月かけてしまったけど、読後感は充実。
    不条理の文学と言われる所以が感じられたし、想像よりも前向きな雰囲気の作品だった。
    一番共感できるのは、ランベールかな。
  • 黄色い部屋の謎
    フランスで原子物理学の権威であるスタンガースン博士の娘マチルド・スタンガースンが、密室で襲われます。そして、新聞記者のルールタビーユ青年が、この≪黄色い部屋≫の事件に挑みます。その後も、≪不可思議な廊下≫の事件など、怪事件が続きます。

    犯人も、方法も、謎に包まれた事件でしたが、ルールタビーユが見事...続きを読む
  • ペスト
    ペストの極限的現実を通して、権力、心理、宗教、哲学、医学を重層的に語りつつ、最終的には全ての生がペスト性=人の不幸の上に自分の幸福を築いている事実を切実に暴く。

    一人として不必要な登場人物はいなかった。

    タルーの「共感すること」という一言。リウーと二人で海水浴をするシーンがクライマックスか。