「宮崎嶺雄」おすすめ作品一覧

【宮崎嶺雄】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/03/10更新

黄色い部屋の謎
594円(税込)
ペスト
896円(税込)
魔の沼
324円(税込)

ユーザーレビュー

  • ペスト

    ペストの極限的現実を通して、権力、心理、宗教、哲学、医学を重層的に語りつつ、最終的には全ての生がペスト性=人の不幸の上に自分の幸福を築いている事実を切実に暴く。

    一人として不必要な登場人物はいなかった。

    タルーの「共感すること」という一言。リウーと二人で海水浴をするシーンがクライマックスか。

    Posted by ブクログ

  • ペスト

    感情的にならない、抑制された文章が良かった。
    タルーの過去の話には感銘を受けた。自分では気付かぬ内に殺人者の側にいるかもしれないということ。犬や猫を可愛がりながらも、毎日のように牛や豚を平気で殺しているのが人間なのだ。ペスト菌が人間を殺したとしても、それ自体が何か間違ったことであるわけではない。人間...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • ペスト

    カミュということで
    カミュの筆致を尽くした思考実験。
    巻頭に引用されているデフォーの言葉にある通り、存在するものを存在しないもので表現することでしか、ひとは現実を共有するすべがない。
    今回の思考実験では、たまたまペストという形をとったに過ぎないが、これはあらゆる監禁状態にあてはまるはずだ。現代はケー...続きを読む

    Posted by ブクログ