大竹伸朗の一覧

「大竹伸朗」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/05/03更新

ユーザーレビュー

  • ネオンと絵具箱
    現代美術家の大竹伸朗さんのエッセイ。

    瀬戸内国際芸術祭でも複数の作品を見ることができる大竹伸朗さん。このエッセイは彼の日常をユルい感じで書いているので、気軽に読めます。
    ですが、彼の美術的なひらめきに満ちた文章がガツンと来ること多数。そして周りの人にたいする愛や、ちょっと親父っぽい哀愁にも愛着を覚...続きを読む
  • 既にそこにあるもの
    しいくんの愛読書。
    ずっとすすめられてて、ようやく読んだ。

    最初は、読みにくい文章だなあ、
    と思っていたけれど・・・

    おもしろいっ!

    最近は、電車にのるとき、
    いつもかばんにいれています。


    わたしも、繰り返し読むことに、なりそう。
  • 既にそこにあるもの
    こんなにいい本はそうないなぁ、というくらいに良かった。この人の文章は好きだ。勿論、作品も好きなんだけど、アートとしての。パッションがある。というと安っぽく聞こえてしまうけれど、いやいや、本当にこの人にはパッションがある。そして、きちんとした視点がある。それが文章を読んでいるとわかる。(10/4/25...続きを読む
  • 既にそこにあるもの
    【ジャケ評】
    大竹伸朗をもうひとつ。
    版画みたいな切り絵みたいなジャケ。
    これも大竹フォント。
  • 既にそこにあるもの
    やっぱり天才の言うことは凄く納得がいく。
    うん、うん、頷いてばかり。
    気持ちがいい。ホント、その通り。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!