「長岡良子」おすすめ作品一覧

「長岡良子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:長岡良子(ナガオカヨシコ)
  • 生年月日:1948年08月23日
  • 出身地:日本 / 山形県
  • 職業:マンガ家

1974年『ナイルの詩』でデビュー。

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/10/06更新

ユーザーレビュー

  • ヴィラ21

    どの話も良かった

    大正抒情ロマンの修一郎と薫シリーズの、薫と出会う前の修一郎のエピソードが二つ入っています。
    特に燁子との出会いはこの後の重要なエピソードなので、修一郎と薫シリーズの単行本第一作「六月の賦」の前に読んでおくのが良いと思います。
    他の2作も少しサスペンスの要素もあり面白かったです。
    特に「紅い月」...続きを読む
  • 断章(2)

    この先も読みたいな

    自分の気持ちを伝えられずイラつく薫、何のことかわからない修一郎。
    薫はこの後どうなるんだろう。喀血していたけどやはり死に向かうのか…
    沙羅の妊娠も結構衝撃だった。薫の焦りの原因は自分の寿命にも関係していると思っていたので、子供を作るようなことは考えそうなのに。
  • 花明り

    これも修一郎と薫シリーズ

    表題作は別物ですが、これはこれで良作です。
    強く優しい姉・真柄は、燁子に少し似ているかも。
    修一郎と薫シリーズを読むなら外せない、耀子・叶との出会いのエピソードです。
  • 断章(1)

    未収録分も電子化してほしい

    単行本に収録されていない話が2話ほどあるらしいので、それも電子化してほしいです。
  • 華麗なる愛の歴史絵巻(7) 花鎮めの祀り
    安土桃山時代の男女ふたりの絵師の愛の話。あえて恋愛とは書かずにおく。シリアスとコメディのバランスがとっても好みでした。そして最後の話(これだけ時代が近代)、現実と夢のあわいが溶けてなくなる、この感じを求めていた……!
    強いて言うなら本のタイトルはこれ(花鎮めの祀り)でなくてもよかった気もする……特別...続きを読む