「鈴木徹郎」おすすめ作品一覧

「鈴木徹郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/03/08更新

ユーザーレビュー

  • 新装版 ムーミン谷の十一月
    トーベ・ヤンソンによるムーミンシリーズ全九冊の最後を飾る作品。最初に出版された「小さなトロールと大きな洪水」から四半世紀を経た1970年、ヤンソン56歳の年に出版されました。
    ヤンソンはその後も末弟のラッセとともにコミックでムーミンシリーズを生み続けますが、小説はこの作品で終わりです。

    小説最後の...続きを読む
  • 新装版 ムーミン谷の十一月
    ムーミンのシリーズはどれも好きで、小学生の頃から定期的に読みつづけていますが、
    大人になってからはこの「ムーミン谷の十一月」がいちばん好きかもしれない。
    今年も十一月が来たからまた読んだ。

    ムーミンシリーズなのに、ムーミン一家が登場しない本。
    ヘムレンさんとかフィリフヨンカとか、どこか生きづらそう...続きを読む
  • 新装版 ムーミン谷の十一月
    読書日:2014年9月1日-3日
    Original title:SENT I NOVENBER.

    スナフキン、ミムラ姉さん、フィリフヨンカ等の
    視点で話が描かれています。
    これまではムーミン視点だったので新鮮でした。

    ミムラ姉さんの艶やかな髪に
    妹のミイも成長したらあの髪質になるのかと想像しまし...続きを読む
  • 新装版 ムーミン谷の十一月
    スナフキン、ホムサ、ヘムレン、フィリフヨンカ、ミムラ、スクルッタおじさん達がムーミン一家の家に集まり、ムーミン一家不在の中を共に過ごす。
    ムーミン一家に会いたくて皆集まったけれど、それぞれのキャラクター達はほとんど馴染みの無い者同士。それが一緒に過ごし、色々な摩擦が起きる中で、キャラクターの意外な一...続きを読む
  • 新装版 ムーミン谷の十一月
    五つの音色をムーミン谷に忘れたスナフキン。幻想でなく本物のムーミンママに会いたいホムサ。ムーミン一家に会うため会いに旅に出かけるフィリフヨンカ、ムーミンパパに話したいことがあるヘムレンさん。さあ、あの谷へ、あの一家のもとに行こう。そうして彼らはムーミン谷に向かうが、そこにムーミン一家の姿はなくて――...続きを読む

特集