野原多央の一覧

「野原多央」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2019/09/11更新

ユーザーレビュー

  • 水曜日のシネマ(1)
    映画に対してさほど興味も無く過ごしてきた女子大生が
    レンタルビデオ屋でお客さんにタイトルを尋ねられても
    何も答えられず店長に怒られて嫌な気分になっていたはずが
    映画を通じてどんどん店長と仲良くなって恋をしていくのが面白かった
  • 水曜日のシネマ(1)
    この作品は年の差がある二人の恋愛をテーマとしており、二人がどういった結論を出すのかを語るものだ。
    また映画を知らない、古き良き名作を知らない層に向けて、入り口としてわかりやすい作品を提示している。
    個人的にはそれ程惹かれる作品ではなかったが、紹介される映画の懐かしさ含めそれなりに楽しめた。
  • 水曜日のシネマ(5)
    最終巻。映画を観たときのドキドキ、ワクワク、感動。またどこで観るか、誰と観るか。映画が与えてくれる楽しみを主人公の恋を交えて描かれた良い作品でした。
  • 水曜日のシネマ(5)
    完結。表紙のふたり、特に奈緒の表情がすごくステキ。
    もう大筋は固まってるんだけれど、「ゴール」へと
    たどり着くためのもう一歩…という印象の巻でした。
    「店」も「奈緒」も、自分の生活にとって大きな存在。
    そしてそれは、ずっとあるものとは限らない。
    その現実を突きつけられた店長の、作品中最大の迷いに
    ...続きを読む
  • 水曜日のシネマ(4)
    奈緒の視点メインで始まった物語だったと思うけれど、
    ここんとこはずっと店長の揺れっぷりが中心に…。
    そりゃあね、大学生と40代半ばでは
    過ごしてきた年月も、抱えているものも、
    そして見えている未来も全然違うからなぁ。
    未来しか見えない、見なくてもいい奈緒と
    自分の残り少ない未来と、まだこれからの奈緒...続きを読む