桜田美津夫の一覧

「桜田美津夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/07/13更新

ユーザーレビュー

  • 物語 オランダの歴史 大航海時代から「寛容」国家の現代まで
    いやぁ~真面目な著者ですねぇ。
    新書というスタイルは専門家が学術書から離れ、一般人を対象にするのだから、少しズッコケて書くのは暗黙のルール。
    この著者もできるだけそうするよう努めているのだが、真面目な本質は変えられない。
    実に本格的なオランダの歴史書になっている。
    日本人がこれだけ他国の歴史に詳しい...続きを読む
  • 物語 オランダの歴史 大航海時代から「寛容」国家の現代まで
    [評価]
    ★★★★☆ 星4つ

    [感想]
    オランダは日本の江戸時代に鎖国していた際に唯一貿易していた国として知られているが、国家として成立したのは他のヨーロッパ諸国と比べると遅いことが印象に残った。
    どちらかと言えば農業、工業よりも商業に重点が置かれ、貿易で様々な人々が訪れるためか多くの物事に寛容な...続きを読む
  • 物語 オランダの歴史 大航海時代から「寛容」国家の現代まで
    ハプスブルク家のスペイン王権は、その狂気をも感じる対応で異端を取り締まりました。スペイン軍に脅威を感じたオランダのウィレムは、フランスを主としたヨーロッパの新しい思想(宗派)もあり、このような強硬路線に対する中で独立という道へとたどり着きます。この独立からナポレオンやナチスドイツの占領を経て、独自の...続きを読む
  • 物語 オランダの歴史 大航海時代から「寛容」国家の現代まで
    中公新書の物語歴史シリーズの一冊。寛容の国と言われるオランダのスペインからの独立から現代までをまとめた一冊。ちょうど宗教改革期に独立戦争があり、各宗派が妥協しながら国を作り、かつ新教派が主導権をとったために宗教の自由を重んじるのが立脚点にあった。とはいえあくまで白人キリスト教の枠組みのなかでの自由で...続きを読む