高橋克英の一覧

「高橋克英」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/12/22更新

ユーザーレビュー

  • なぜニセコだけが世界リゾートになったのか 「地方創生」「観光立国」の無残な結末
    ニセコが世界でも有数のスキー場であり、富裕層が流れ着くのかを解説。パウダースノーと言う自然のギフトを武器に、世界から有数のリゾートホテルが集まる。
    すべての人に特化した幕の内弁当の様なやり方は日本でも通用しなくなる。中間層が消滅し、人口が減る日本では、全てに一律のやり方でなく差別化を図らないといけな...続きを読む
  • 銀行ゼロ時代
    世の中にとって必要な機能の担い手が、デジタル化によって一変するということ。
    時代の変化と共にいくつも起きてきた事象なんでしょうが、そのスピードが違うというのが、今の時代の特徴的なことの気がする。
    そして、この事象は何も銀行に限ってのことではなく、同時多発的に色々な業種で進行中なのも令和という時代なの...続きを読む
  • 図解入門ビジネス 最新 地方銀行の現状と取組みがよーくわかる本
    出版から2年がたち少し古いから、星は三つ。あと、この本を手に取った理由は、客観的な業界理解のための資料を求めていたためだけれど、最初の章で「地銀はコンサル手数料と言うユートピアの夢から目を覚ますべき」みたいなやや攻撃的な文がちらほら見受けられ、作者の私情バイアスがかかってないかしら?と少し心配になっ...続きを読む
  • 銀行ゼロ時代
    GAFA時代における銀行のあり方と危機を述べた本。プラットフォーマーの動きや決済サービスとそれに対して銀行が受ける影響がよくまとまっていた第二章は面白かった。
    一方筆者は銀行出身のため思うところがあるのだろう、やや断定的かつ銀行を否定するような論調が目立った。特に後半は銀行への文句と提言に終始し、銀...続きを読む
  • 銀行ゼロ時代
    マイナス金利政策を境に不況とも言われる銀行の状況を痛烈に書き下ろした本。
    読んでいてあまり良い気持ちはしなかった。
    銀行がゼロになることは無いと思う。