銀行ゼロ時代

銀行ゼロ時代

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 869円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「GAFA」の進出で、日本の銀行はトドメを刺される。キャッシュレス化やフィンテックの普及、銀行業務のスマホ化で、既存の銀行は全滅の可能性も。銀行員はどうなるか、現実的な生き残り策はあるのか、豊富な実務経験をもとに金融コンサルタントが詳述。

ジャンル
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日新書
ページ数
272ページ
電子版発売日
2019年09月13日
紙の本の発売
2019年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

銀行ゼロ時代 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年09月29日

    世の中にとって必要な機能の担い手が、デジタル化によって一変するということ。
    時代の変化と共にいくつも起きてきた事象なんでしょうが、そのスピードが違うというのが、今の時代の特徴的なことの気がする。
    そして、この事象は何も銀行に限ってのことではなく、同時多発的に色々な業種で進行中なのも令和という時代なの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月25日

    マイナス金利政策を境に不況とも言われる銀行の状況を痛烈に書き下ろした本。
    読んでいてあまり良い気持ちはしなかった。
    銀行がゼロになることは無いと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています