「増谷文雄」おすすめ作品一覧

「増谷文雄」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/03/25更新

ユーザーレビュー

  • 仏教の思想 9 生命の海<空海>
    空海について知ることが多かった。
    空海と最澄との関係性。お互いを利用する関係など興味深い。
    また、ニーチェ哲学との比較。
    どちらも生を肯定する哲学。ただし、ニーチェは闘争の哲学、密教は和合の哲学という比較も興味深い。
  • 阿含経典1
    こういうものは反復することに意味がある。ひとくち含んでは咀嚼し味わい、しばらく窓の外に目をやったりして、またふと紙面に目を落としては単純な説法に聞きいればいい。定期的に何度でも読みたい。
  • 仏教の思想 2 存在の分析<アビダルマ>
     北伝仏教で基礎学と言われる倶舎論を、初心者でも学べる数少ない書籍。入手の容易さや文庫故に安価であることも考慮に入れると、唯一の入門書と言っても過言ではないだろう。
     最近では南方上座部の瞑想法の実践者も増えていることから、上座部のアビダンマの解説書はいくつか出版されている。しかし、大乗仏教の基礎と...続きを読む
  • 新しい仏教のこころ わたしの仏教概論
    仏教とは何ぞやという問いを著者の歩みと共に解説していく。

    キリスト教と原始仏教の大きな違いは、キリスト教では「人はイエスが助けるもの」であるが、仏教では「仏は先を行く友であり助かる道を教えてくれるだけで、人を助けるのはその人自身に他ならない」ということなのかなと思った。

    全体を通して読んでみると...続きを読む
  • 阿含経典3
    増谷文雄の最古仏典抄訳シリーズの最終巻。これまでのより長めの文章が収められている。
    どうもこの「阿含経典」を読んでいるだけでも、ブッダの言葉(とされている言葉)にはたまに相矛盾する発言があるような気がするのだが、どうなんだろう。
    「大いなる死」は、ブッダ最後の旅を描く長編。中でも「捨命」の章が印象的...続きを読む

特集