「井上尚登」おすすめ作品一覧

「井上尚登」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/07/25更新

ユーザーレビュー

  • ルパン三世 The Novel 謎の宝石と伝説の王国
    ルパン三世のノベル(書き下ろしオリジナル小説)。
    作者は井上尚登なんだけども、監修に原作者のモンキー・パンチがついているので、安心して読めた。

    スマホの使用や、現代のシステムが登場している反面、「天使の涙』と言われる宝石や世界支配を目指す組織などコテコテの漫画内容も見事にルパンの世界にマッチしてい...続きを読む
  • 幸せの萌黄色フラッグ ホペイロ坂上の事件簿J2篇
    サッカーJ2チームのホペイロ(用具係)を主人公とした連作ミステリ第2弾。と言っても今作では1編ごとの分量も少なくミステリ部分は軽めです。それでも愛嬌ある人物たちが繰り出すてんやわんやのドタバタ劇が楽しく一気に読みました。新キャラの慈社長の内で熱く燃えるクールビューティぶりもよかったですし。サッカーに...続きを読む
  • T.R.Y.
    横溝正史賞作品。明治33年(Y2K問題で良く出てくる1900年)から辛亥革命までの日本、清が舞台となり、日本人詐欺師が主人公、革命に情熱を燃やす中国人、日本への憎しみに燃える韓国人、中国美人などが、チームとなって日本陸軍幹部を詐欺に陥れようとする。騙しに継ぐ騙し、どんでん返しの面白さ、読後感も爽やか...続きを読む
  • キャピタル ダンス
    何と言いますか、ロマンがありますよね。
    事業を立ち上げる人たちの気持ち、ギーグと言われる人の気持ち、
    復讐心に取り込まれる人々。
    それにカッコいい女性の世界をまたにかけた活躍。

    読んだのはずいぶん前ですが、結構はまって読んだことを思い出します。
  • ブンデスの星、ふたたび ホペイロ坂上の事件簿J1篇
    ホペイロ坂上の3作目。J1ですよ。まああんまり関係ないけれど。
    今回のはミステリーと言うより叙情小説になってますね。ちょっと謎解きがあるって感じ。まあ良いです、面白かったから。

    後書きは東北の震災があったあとに書かれていることを胸に。

特集