「マルクス・アウレリウス」おすすめ作品一覧

「マルクス・アウレリウス」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/12/06更新

ユーザーレビュー

  • マルクス・アウレリウス「自省録」
    ストア哲学の結晶とも言える著作。
    著者はローマ皇帝。その義務の合間の、僅かな余暇を割いて、彼が本来求めていた哲学に立ち戻り、思索を書き綴ったもので、自分自身に宛てて書いたものである。
    彼の義務と天性の齟齬を痛ましい程に実感しながらも、なお、人間として与えられた義務を果たす為に自ら叱咤し、励ます筆致は...続きを読む
  • マルクス・アウレリウス「自省録」
    「テルマエ・ロマエ」にも出てくるマルクス・アウレリウスの本だから、という甚だ不純な動機で読んでみましたが、まー難解。久々に、高校1年の時に受けた哲学の授業を思い出した。そういや、当時も何を言ってんだか全然わからんかったなー。

    でも、全12巻(普通の本でいう「章」みたいなもの)のうち、最初の第1巻は...続きを読む
  • マルクス・アウレリウス「自省録」
    例えば「つねに信条通り正しく行動するのに成功しなくとも、胸を悪くしたり落胆したり厭になったりするな。失敗したらまたそれにもどっていけ。」など名言が盛りだくさん。

特集