「ミヒャエル・エンデ」おすすめ作品一覧

「ミヒャエル・エンデ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/08/17更新

モモ
  • ブラウザ試し読み

はてしない物語
  • ブラウザ試し読み

魔法の学校
  • ブラウザ試し読み

ジム・ボタンと13人の海賊
  • ブラウザ試し読み

ジム・ボタンの機関車大旅行
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • モモ
    大学入試の時に、モモについての論説を読んだ。あまり詳しくは覚えていないが、時間についての話で、とても興味深かったのを覚えている。モモは、過去から現在、そして未来についての、つまり時間についてのたいせつで、とても暖かい話である。
    やはり、序盤の道路掃除夫ベッポじいさんの言葉が染み入った。先を見据えて早...続きを読む
  • はてしない物語 下
    上巻の終わりで物語中に飛び込んだから、本下巻は、冒険譚一色。それにしてもつまらん奴をヒーローに選んだものだなって疎ましく思いながらも、矢継ぎ早に織りなされる世界観に、なかなか巻を置くあたわず。なぜか(本当になぜか分からんけど)、主人公を気に入って、暴言に晒されつつも手助けを続ける、上巻におけるヒーロ...続きを読む
  • モモ
    前半は人の気持ちを理解して相手に気づきを与えてくれる女の子のお話、後半は時間をテーマにしたファンタジー。

    後半の時間と心の余裕や本当の幸せのトレードオフのような話も考えさせられるものがありましたが、前半の町の人達の相談相手としての女の子の話も印象深かったです。例え答えが分かっていたとしても直接的に...続きを読む
  • はてしない物語 上
    これも、早く読みたかったけど積読になってしまってた。RPG好きだし、そもそもファンタジーに対する興味は大きいはずなんだけど、何故か何となく後回しにしがちだったりする。純粋にエンタメとしての読書というより、微妙に文学性とか教養とかにひよったりするセコイ根性が問題なんですね、結局。そらそうと、これはやっ...続きを読む
  • モモ
    小さい頃から何度も読み返している、いつまでも大切にしたい宝物のような物語。本を開くたび、モモが日常を生きていく上で大切なことを思い出させてくれます。