暦本純一の一覧

「暦本純一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2022/01/14更新

ユーザーレビュー

  • 妄想する頭 思考する手 想像を超えるアイデアのつくり方
    「らしさ」にとらわれると妄想の幅を狭める。
    どんなことにも興味を示し、「既知」✖︎「既知」で誰も持ち合わせていない個性あるアイデアを創出できる。
    ケーススタディや実体験をもとに書かれていて読みやすく、さらに面白いこと、世の中がびっくりすることを自分でも生み出せるのでは?とワクワクした。
    営業しかして...続きを読む
  • 妄想する頭 思考する手 想像を超えるアイデアのつくり方
    非真面目が社会に必要であることがよくわかった。自由に妄想する楽しさを思い出してワクワクしてきた。

    以前「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」を読んだときに、AIやこの先のテクノロジーへの希望が感じられずまったくワクワクしなかったのと対照的。

    著者のテクノロジーへ取り組む姿勢の違いなのかな。...続きを読む
  • 妄想する頭 思考する手 想像を超えるアイデアのつくり方
    何かを選択し、そこに集中することに捕らわれすぎないように。ルールを絶対視しないように。意味のないことを楽しみ、妄想を愛でることができる寛容な社会へ。イノベーションもだけど、今の時代の物事の捉え方にも必要な考え方と感じた。
  • 妄想する頭 思考する手 想像を超えるアイデアのつくり方
    発想法の本だが妄想することから始まるアイディアということで今までにない斬新な考え方だと思う。とても参考になる意見だ。脳に電極を埋め込んでコンピューターと繋ぐ時代、新しいアイディアは何かしら世の中のバランスを崩すようなところに価値がある、未知なものに対する好奇心、振動によって人を誘導する代杖、人間拡張...続きを読む
  • 妄想する頭 思考する手 想像を超えるアイデアのつくり方
    妄想することを忘れてしまう、もしくは無駄だと諦めている自分がどこかにいたことを思い知りました。目的意識を持つ、課題解決を図ることが重要であることは間違いありませんが、そればかりに囚われてしまうことは、自身の足かせになっているのかもしれません。書かれている内容の中で、「手を動かす」「言語化する」という...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!