藤本和子の一覧

「藤本和子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料作品コーナー

無料
オリエントの舌
0円(税込)

作品一覧

2019/01/19更新

ユーザーレビュー

  • 西瓜糖の日々
    鈴木志保先生の「船を建てる」の世界観で脳内再現されてしまう。マーガレットはバニラ。

    <本文より>
    アイデスでは、どこか脆いような、微妙な感じの平衡が保たれている。それはわたしたちの気に入っている。
    古屋は小さいが、わたしの生活と同じように、気持の良いものだ。ここの物がたいがいそうであるように、この...続きを読む
  • 西瓜糖の日々
    2008年11月21日~21日。
     久しぶりに読み返してみた。読み返すたびにその面白さに身震いする。と同時に読み返すたびに同じことを思う。
     マーガレットが何をしたというのだろう。彼女に罪はあったのだろうか。ただ純粋なだけだったんじゃないだろうか。
     ポーリーンも素敵な女性だろう。ただ、マーガ...続きを読む
  • 西瓜糖の日々
    iDEATHという土地、場所の名前からして、ぎらぎらした自分をもったひとがいない、つまり、そういうわたし(I)を失っている(DEATH)という寓意があるのかもしれない。それがいいとかわるいとかじゃなくです。悪党とされる人々が住み始める「忘れられた世界」。そして、ひとの言葉を話す人食い虎たちのいた時代...続きを読む
  • 西瓜糖の日々
    小説の体裁ですが、まるで一冊におよぶ長い長い詩のよう。夢をみているみたい。美しさと気持ち悪さが。なまえのない「わたし」に関するくだりでなぜか泣いてしまう。
  • 西瓜糖の日々
    西瓜糖世界に住む人たちの日常を淡々と描くお話。きれいなイメージだなーと読みはじめて、その架空の世界がすごく好きになった。いろんなものが西瓜糖で作られている<アイデス>と、少し離れた<忘れられた世界>。人と同じ言葉を話す虎。静かで優しくて残酷な西瓜糖の日々。