藤本和子の一覧

「藤本和子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料作品コーナー

無料
オリエントの舌
0円(税込)

作品一覧

2019/01/19更新

ユーザーレビュー

  • 西瓜糖の日々
    2008年11月21日~21日。
     久しぶりに読み返してみた。読み返すたびにその面白さに身震いする。と同時に読み返すたびに同じことを思う。
     マーガレットが何をしたというのだろう。彼女に罪はあったのだろうか。ただ純粋なだけだったんじゃないだろうか。
     ポーリーンも素敵な女性だろう。ただ、マーガ...続きを読む
  • 西瓜糖の日々
    iDEATHという土地、場所の名前からして、ぎらぎらした自分をもったひとがいない、つまり、そういうわたし(I)を失っている(DEATH)という寓意があるのかもしれない。それがいいとかわるいとかじゃなくです。悪党とされる人々が住み始める「忘れられた世界」。そして、ひとの言葉を話す人食い虎たちのいた時代...続きを読む
  • 西瓜糖の日々
    小説の体裁ですが、まるで一冊におよぶ長い長い詩のよう。夢をみているみたい。美しさと気持ち悪さが。なまえのない「わたし」に関するくだりでなぜか泣いてしまう。
  • 西瓜糖の日々
    こんな世界感の本、始めて読んだ。
    独特な世界にキュン。とっても優しい
    文章にドップリ。何だか浮遊している
    感覚になって入りこんでしまいました。
  • 西瓜糖の日々
    『手』の記述が特に好きだ。「わたしたちは手をつないでアイデスへ戻った。手というのは素敵なものだ。とりわけ愛し合ったそのあとの手というものは。」アイデスは死のように思われるがもっとも生に近い距離にある生温かいもののようにも感じられる。だが本作品はすべて西瓜糖の言葉で話されております。またしても。またし...続きを読む