作品一覧

  • ハーレクインコミックス セット 2024年 vol.468
    NEW
    -
    全1巻1,320円 (税込)
    毎月厳選したタイトルをまとめてお得にお楽しみいただけるハーレクインコミックスのセットです。「愛の革命」「放蕩王子と修道女」「理不尽な誘惑」の3話をまとめて収録。
  • ハーレクインコミックス セット 2024年 vol.345
    完結
    -
    全1巻990円 (税込)
    毎月厳選したタイトルをまとめてお得にお楽しみいただけるハーレクインコミックスのセットです。「麗しのスーザン」「運命の逆転」の2話をまとめて収録。
  • 運命の逆転【ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル版】
    -
    財産も美貌もない私を見つめる彼の瞳。いったい、何が映っているの? 平凡な容姿のスザンナは4年前に婚約を破棄されたのを境に、継父に財産を奪われたあげく、行き遅れとして厄介払いされた。今、彼女はロンドンで令嬢の付き添いをして生計を立てていたが、令嬢の婚約を機にまた新たに働き口を探さなければならなかった。そんなある日、スザンナは何者かによって誘拐されてしまう!一文無しの私をさらうなんて、いったい何が目的なの?連れていかれた豪壮な屋敷で待っていたのは大富豪ベンジャミン・ウルフ。漆黒の髪に冷たい灰色の瞳の彼は、その名のとおり狼のような男性だ。先日、舞踏会で私のことをじっと見つめていた社交界の寵児だわ……。だがスザンナはまだ知らなかった――令嬢と間違われて誘拐されたとは! ■「気が変わった」と婚約者に捨てられ、転落人生を余儀なくされたヒロイン。一方、人違いで彼女をさらってきてしまったヒーロー。ヒロインの哀れな運命は、彼との出逢いによって、はたして逆転するのでしょうか? 珠玉のシンデレラ・リージェンシーをぜひ! *本書は、ハーレクイン文庫から既に配信されている作品のハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。
  • 貴婦人の条件【ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル版】
    -
    きみはもうこの館にいられなくなった。 住む家が欲しいなら、ぼくの妻になってくれ。 亡き伯爵の遺言状が、今まさに読み上げられようとしている。 後継者のジャックは、12年前に勘当されて行方知れず。 莫大な遺産は、いったいだれが受け継ぐのか? ざわめく人々を、伯爵の養女キャスは部屋の片隅でそっと眺めていた。 “スクラップ”――厄介者と親類に呼ばれる彼女は、今日で屋敷を追われる運命なのだ。 そのとき、ひとりの男が現れて、全員が息をのんだ。 ジャック……放蕩息子は生きていた。遺産も爵位も彼のものとなる。 ところが、驚きはそれだけでは終わらなかった―― 新伯爵はいきなり、キャスに結婚を申し込んだのだ! *本書は、ハーレクイン文庫から既に配信されている作品のハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。
  • 愛の革命【分冊】 1巻
    無料あり
    -
    全12巻0~61円 (税込)
    退屈で堅物な男と評されていた准男爵のネヴィルは舞踏会で美しい女性ダイアナに目を奪われた。つややかな黒髪と、まるでキスを誘っているかのような唇。ロンドンの社交界に突如現れ、莫大な財産のため、彼女にプロポーズする者はあとを絶たないという。正反対なふたりがダンスを踊ることになり、その姿は舞踏会の場の話題をさらった。会ったばかりなのに、なぜか惹かれてしまう。放蕩者の父のように女に溺れないと決めていたが、人生の歯車が軽やかに動きだし──!?

    試し読み

    フォロー
  • クリスマス・ローズを捜して【分冊】 1巻
    無料あり
    -
    全12巻0~61円 (税込)
    19世紀英国。ローズはとんでもないスキャンダルに巻き込まれ、ロンドン社交界で格好の噂の的になっていた。見かねたいとこのイザベルの誘いを受け、遠く離れたヨークシャーのモートン城でクリスマスを迎えることにした。田舎の社交界では知られてないはず、と思ってやって来たのだが、彼女のゴシップを信じているサー・マイルズが招待客のひとりとして現れ、「あなたを侮辱して追い出すより、競うほうが楽しい」と親しげに近づいてきたのだ。いったい何が狙いなの!?

    試し読み

    フォロー
  • 女王陛下の侍女
    完結
    -
    全1巻550円 (税込)
    姉が婚約者を捨て突然伯爵と結婚すると言い出し、ペネロープは仰天した。さらに貴婦人としての格を上げるため、伯爵は姉妹をエリザベス女王の侍女に推薦したという。宮廷に勤めはじめたある日、ペネロープは懐かしい男性と再会した。オリヴァー! 姉の元婚約者でペネロープが幼い頃から恋焦がれていた人。まさかこんな所で再会できるなんて! 喜ぶペネロープだが、宮廷では彼の主人ダドリー卿の従者が不審な死を遂げる事故がたびたび起こっていると知って…?
  • エマと伯爵 1【分冊】 1巻
    無料あり
    1.0
    全24巻0~61円 (税込)
    富豪の一人娘エミリアは、魅力的な貧乏貴族ドミニクに恋をする。彼は、不器量なエミリアにも優しかった。だが、財産目的と知り、エミリアは彼からの求婚を断る。その後不運にみまわれ、彼女は社交界を退いた。エマと名を変え、家庭教師として働く彼女の元に、ある日、伯爵となったドミニクから仕事の依頼が訪れ――。

    試し読み

    フォロー
  • 夢路はるかに【分冊】 1巻
    無料あり
    -
    全12巻0~61円 (税込)
    時は1667年、王政復古下のイングランド――女優キャサリンは反逆罪に問われた弟の命を救うため、あるまじき役を引き受ける羽目になった。トム・トレンチャードという男の妻を演じ、政府の重要な任務を遂行するのだ。トムは荒々しく、海賊のような野蛮人。赤の他人の彼とふたりきり、仲睦まじい夫婦のフリをして海を渡るなんて! 一瞬も気を緩められないと思っていたのに、いつのまにか彼を頼りにしている自分に気がつく。これはお芝居で、恋なんてするわけないのに…。

    試し読み

    フォロー
  • 十年目の蜜月【分冊】 1巻
    無料あり
    -
    全12巻0~61円 (税込)
    「叔父さん、僕を猿と結婚させるなんてひどいよ!」父に手をひかれ祭壇につれて行かれた幼いベスの心は、美しい少年の言葉にひき裂かれた。彼…アンドルーはまだ10歳のベスにと決められた、若き花婿だった。泣きじゃくるベスをよそにふたりは正式な夫婦となるものの、彼は立ち去り音沙汰のないまま年月が流れ…。10年後、ベスは森で青年に出会う。彼はベスを見るなり美しい妖精だと囁き、唇を奪ってきた。アンドルー…もしかして、私が誰だかわからないというの!?

    試し読み

    フォロー
  • 運命の逆転【分冊】 1巻
    無料あり
    -
    全12巻0~61円 (税込)
    教会の祭壇に置き去りにされ、スザンナは幸せいっぱいの伯爵の花嫁から貧しい行き遅れの娘へと一気に転落した。醜聞にまみれ、うら若き彼女には不似合いな“付き添い役”として働くしか道は残されていなかった。その職さえ失いかけたある日、スザンナは強引に馬車に押し込まれる。まさか誘拐!? 付き添っていた令嬢と間違えられたんだわ! 悪党の巣窟で出迎えたのは、インド帰りの大富豪と社交界で名高いベン・ウルフ卿。しかも彼はなぜかスザンナに求婚してきて!?

    試し読み

    フォロー
  • 遅れ咲きの幼な妻
    -
    美しい、じつに美しい。伯爵は思った。それが我が妻とも気づかずに……。 「叔父さん、ぼくを猿と結婚させるなんてひどいよ!」紅顔の美少年が口にしたその言葉が、幼き花嫁ベスの心をえぐった。訳もわからず父に手を引かれて祭壇に連れてこられただけなのに……。少年の名はドルー。将来、高貴な伯爵家の跡を継ぐ、若き花婿だ。ベスは泣きながら結婚したくないと訴えたが、結局儀式は行われた。しかし、まもなくしてドルーは妻を置いて去っていった。歳月が過ぎ、ベスは外出先でばったり再会した――10年ぶりに、夫と。誰もが振り返るその美貌は以前と変わらず、すぐに彼とわかった。だがドルーのほうは、目の前にいるのが妻のベスとはわからぬ様子で、彼女のうなじに唇を寄せ、囁いた。「美しい妖精さん、きみの名は?」 ■かつて幼な妻を猿と吐き捨てた夫のドルーと再会したベス。花盛りを迎えた彼女を妻と思わず名を尋ねる夫に、彼女は「お教えするつもりはありません。ご自分で探し出してください」と、その場を去ります。ドルーは名残惜しさに思わず後をつけようとさえして……。【旧タイトル: 十年目の蜜月】
  • 愛の革命
    完結
    5.0
    全1巻550円 (税込)
    退屈で堅物な男と評されていた准男爵のネヴィルは舞踏会で美しい女性ダイアナに目を奪われた。つややかな黒髪と、まるでキスを誘っているかのような唇。ロンドンの社交界に突如現れ、莫大な財産のため、彼女にプロポーズする者はあとを絶たないという。正反対なふたりがダンスを踊ることになり、その姿は舞踏会の場の話題をさらった。会ったばかりなのに、なぜか惹かれてしまう。放蕩者の父のように女に溺れないと決めていたが、人生の歯車が軽やかに動きだし──!?
  • 罪深きワルツ【分冊】 1巻
    無料あり
    2.0
    全12巻0~61円 (税込)
    「私と結婚していただきたいのです」レベッカは“財産狙い”の結婚詐欺師と噂のウィルにそう切りだした。見せかけの夫をつくること。それは莫大な遺産を相続したせいで舞いこむ縁談に困り果てた彼女の苦肉の作戦だった。男をよせつけない“氷のレディ”からの突然のプロポーズにウィルは驚くが、亡き父の借金を返済してもらえるのはありがたい。監獄送り寸前の評判も払拭できればロンドン社交界にかえり咲くこともできるだろう。かくして一大偽装結婚は動きだし…!?

    試し読み

    フォロー
  • 夢路はるかに
    完結
    -
    全1巻550円 (税込)
    時は1667年、王政復古下のイングランド――女優キャサリンは反逆罪に問われた弟の命を救うため、あるまじき役を引き受ける羽目になった。トム・トレンチャードという男の妻を演じ、政府の重要な任務を遂行するのだ。トムは荒々しく、海賊のような野蛮人。赤の他人の彼とふたりきり、仲睦まじい夫婦のフリをして海を渡るなんて! 一瞬も気を緩められないと思っていたのに、いつのまにか彼を頼りにしている自分に気がつく。これはお芝居で、恋なんてするわけないのに…。
  • 十年目の蜜月
    完結
    -
    全1巻550円 (税込)
    「叔父さん、僕を猿と結婚させるなんてひどいよ!」父に手をひかれ祭壇につれて行かれた幼いベスの心は、美しい少年の言葉にひき裂かれた。彼…アンドルーはまだ10歳のベスにと決められた、若き花婿だった。泣きじゃくるベスをよそにふたりは正式な夫婦となるものの、彼は立ち去り音沙汰のないまま年月が流れ…。10年後、ベスは森で青年に出会う。彼はベスを見るなり美しい妖精だと囁き、唇を奪ってきた。アンドルー…もしかして、私が誰だかわからないというの!?
  • 愛の革命【ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル版】
    -
    白い結婚が幕を閉じてから、初めて本当の愛を知ったのに……。 ダイアナは17歳のとき、両親に借金の形として老公爵へ差し出され、以来白い結婚を続けてきたが、夫亡き今は社交界で噂の的だ。“跡取りを産まなかった”“むこうみず”と後ろ指を指されても、彼女は臆することなく社交を楽しんだ――嘆くな、これからは自由に生きろ、という老公爵の遺言に従って。貴族もそうでない者も男は皆、この若き貴婦人のあとを追いかけたが、彼女が惹かれたのはただ一人、准男爵ネヴィルだけだった。まじめで堅物との評判に反して、そつない会話と華麗なダンスでダイアナを魅了したネヴィルはしかし、彼女の前評判に眉をひそめていた。鼻の下を伸ばした求愛者リストなんぞに、我が名を連ねてたまるか! ■道楽三昧で身を滅ぼした父と同じ轍は踏むまいと心に誓って生きるネヴィル。そんな彼らしく、噂の貴婦人ダイアナと出会い、美しいだけではない魅力にほだされそうな自分を戒めます。その忍耐も、いつまでもつことやら……。珠玉のリージェンシー・ロマンス! *本書は、ハーレクイン・ヒストリカルから既に配信されている作品のハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。
  • エマと伯爵【ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル版】
    -
    彼は気づくかしら?かつて求婚した不器量な娘が、わたしだと。 10年前、富豪の一人娘エミリアは、アポロ像のようにハンサムでエレガントなドミニクに恋をした。太っていて不器量なエミリアに、彼はとても優しくしてくれた。だが、ドミニクに求婚されたとき、彼女は断った――それが財産目当てと知ったから。その後、父親が破産して自殺。エミリアの人生は一変した。今は痩せて、見違えるほど美しい女性に生まれ変わり、エマという名で家庭教師をしている。そして今度の雇い主は……伯爵となったドミニク!変貌したわたしを見て、彼は過去を思い出すだろうか? ■初めての恋心を無残に打ち砕かれ、社交界から退いたヒロイン。10年後、伯爵と再会することになるとは夢にも思わず……。優しかった伯爵が、人嫌いの冷血漢に変わってしまった理由とは? *本書は、ハーレクイン・ヒストリカルから既に配信されている作品のハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。
  • 運命の逆転
    完結
    3.3
    全1巻550円 (税込)
    教会の祭壇に置き去りにされ、スザンナは幸せいっぱいの伯爵の花嫁から貧しい行き遅れの娘へと一気に転落した。醜聞にまみれ、うら若き彼女には不似合いな“付き添い役”として働くしか道は残されていなかった。その職さえ失いかけたある日、スザンナは強引に馬車に押し込まれる。まさか誘拐!? 付き添っていた令嬢と間違えられたんだわ! 悪党の巣窟で出迎えたのは、インド帰りの大富豪と社交界で名高いベン・ウルフ卿。しかも彼はなぜかスザンナに求婚してきて!?
  • 運命の逆転
    4.0
    結婚式当日、花婿に捨てられたスザンナは、幸せいっぱいの花嫁から行き遅れの貧しい娘へと転落した。伯爵夫人になるはずだったのに、自らの力で生計を立てるしかなくなったのだ。そんな苦難の中、さらに大きな事件が起こる。職探しに行く道すがら、いきなり馬車に押しこまれたのだ!文無しの娘を誘拐するなんて、いったい何が目的なの?連れていかれたのは、目をみはるほど豪壮な屋敷。そこで待っていたのは、謎の大富豪ウルフだった。
  • 罪深きワルツ
    完結
    4.9
    全1巻550円 (税込)
    【最終ページにあとがきが付いて再登場!作品の登場人物や漫画家の素顔に迫れる1ページを最後までお楽しみください。】「私と結婚していただきたいのです」レベッカは“財産狙い”の結婚詐欺師と噂のウィルにそう切りだした。見せかけの夫をつくること。それは莫大な遺産を相続したせいで舞いこむ縁談に困り果てた彼女の苦肉の作戦だった。男をよせつけない“氷のレディ”からの突然のプロポーズにウィルは驚くが、亡き父の借金を返済してもらえるのはありがたい。監獄送り寸前の評判も払拭できればロンドン社交界にかえり咲くこともできるだろう。かくして一大偽装結婚は動きだし…!?
  • クリスマス・ローズを捜して
    -
    ローズはロンドンから遠く離れたいとこの城で、温かなクリスマスを迎えようとしていた。彼女がある貴族の情婦だったという根も葉もない噂も田舎の社交界では知られていないはずだ。そう思って安心していたローズの前に、以前、侮蔑の言葉を投げつけてきたサー・マイルズが招待客として現れた。彼はわたしの過去を暴くつもりだろうか?

    試し読み

    フォロー
  • クリスマス・ローズを捜して
    完結
    5.0
    全1巻550円 (税込)
    19世紀英国。ローズはとんでもないスキャンダルに巻き込まれ、ロンドン社交界で格好の噂の的になっていた。見かねたいとこのイザベルの誘いを受け、遠く離れたヨークシャーのモートン城でクリスマスを迎えることにした。田舎の社交界では知られてないはず、と思ってやって来たのだが、彼女のゴシップを信じているサー・マイルズが招待客のひとりとして現れ、「あなたを侮辱して追い出すより、競うほうが楽しい」と親しげに近づいてきたのだ。いったい何が狙いなの!?
  • 消えたプリンセス 1巻
    完結
    -
    全2巻550円 (税込)
    16世紀イタリア。ルネサンス文化華やかなりし頃。婚約者の顔も知らないまま結婚するマリーナ姫は、輿入れの最中、覇権を争う隣国の君主に誘拐される!あわや略奪婚か…。とその時、新たな略奪者が現れて、姫の運命は二転三転。成り行きに身を任せる姫だったが、賊の首領ニッコロとの旅は想像以上に楽しくて…。
  • エマと伯爵 1巻
    完結
    -
    全2巻550円 (税込)
    富豪の一人娘エミリアは、魅力的な貧乏貴族ドミニクに恋をする。彼は、不器量なエミリアにも優しかった。だが、財産目的と知り、エミリアは彼からの求婚を断る。その後不運にみまわれ、彼女は社交界を退いた。エマと名を変え、家庭教師として働く彼女の元に、ある日、伯爵となったドミニクから仕事の依頼が訪れ--。
  • 諍いの終止符
    -
    母親とふたりきりで貧しい生活を送るアシーニは、ある思いを胸に、社交界デビューする友人の★話し相手/コンパニオン/を引き受けた。苦労してきた母に一生楽をさせてあげるため、ロンドンでお金持ちの貴族をつかまえるのだ。願いどおり、アシーニは舞踏会でさっそく伯爵に気に入られ、崇めるような目で見つめられた。しかし、伯爵のいとこニックのまなざしは冷ややかで、アシーニの真意を疑い、伯爵から引き離そうとする。そのうえニックは巧みにアシーニをいらだたせのだ。歯噛みしながらも、気づくとニックのことばかり考えてしまい……。■本作では、消えた侯爵夫人のゆくえがとうとう明らかに! 来月は第1話に登場したベアトリスの妹オリヴィアが主人公になります。『尽きせぬ想い』(PHS-29)を、どうぞお楽しみに。
  • エマと伯爵
    3.0
    あれは十年前、一八〇四年の社交シーズンのこと―――富豪の一人娘のエミリアは、アポロ像のようにハンサムでエレガントなドミニクに恋をした。彼は貧しいが、いずれ爵位を継いでチャード伯爵となる人物。口ごもるくせのある太った不器量な彼女にも、とても優しかった。だが、ドミニクに求婚されたとき、エミリアは断った。財産目当ての求婚だと知ったからだ。結局ドミニクはほかの女性と結婚し、エミリアは社交界から退いた。その後、運命の嵐がエミリアを襲った。父親は破産して自殺。痩せて見違えるほど美しい女性に生まれ変わった彼女は、エマと名前を変え、今は家庭教師として生計を立てている。チャード伯爵から仕事の依頼を受けたとき、財産のない彼女に選択の余地はなかった。この仕事を引き受ければ、彼と一つ屋根の下に住むことになる。ドミニクは、わたしのことに気づくだろうか?
  • 十年目の蜜月
    4.5
    「叔父さん、ぼくを猿と結婚させるなんてひどいよ!」訳もわからぬまま礼拝堂の祭壇に連れていかれたベスは、紅顔の美少年が口にしたその言葉に、幼い心をえぐられた。少年の名はドルー――高貴な伯爵家の跡継ぎで、彼こそ、まだ10歳のベスにと定められた若き花婿だった。不器量な自分がこんな美少年の妻になるなんて耐えられない。ベスは泣いて嫌がるも、式は進み、二人は正式な夫婦となる。儀式を終えるや彼は立ち去り、音沙汰もなく歳月だけが流れた。夫が気まぐれに帰ってきたのは、10年後のことだった。
  • 女王陛下の侍女
    3.0
    西暦1558年、エリザベス女王が誕生し、時代の波は新たなうねりを生み出した。宮廷には女王に召し抱えられた廷臣たちが勢揃いして、すがすがしい空気に満ちている。侍女ペネロープもまた晴れがましい気持ちで謁見に臨んだ一人だった。たいした家柄ではない自分がこの場にいられるのも、姉が伯爵家に嫁ぐおかげだ。精いっぱい女王様にお仕えしよう。そう誓ったとき、見覚えのある男性の顔が目に入った。オリヴァー!甘ずっぱい記憶がたちまち彼女の胸を占めた。★16世紀半ば、イングランドでは急速にプロテスタント化が進み、英国国教会が設立されます。しかしいまだカトリックを信奉する者も多く、そのせめぎ合いの中でエリザベス女王の治世は始まりました。侍女ペネロープのけなげな献身ぶり、身を焦がす恋に、どうぞご期待ください!★
  • 罪深きワルツ
    4.0
    不実な財産狙い(フオーチュン・ハンター)――何も知らない人々はウィルをそう呼ぶ。顔がいいだけの放蕩者と後ろ指をさされても、ウィルが裕福な女性を口説くのには、やむにやまれぬ事情があった。何とかこぎつけた婚約が破談となり、意気消沈していたところにレベッカという年若き資産家の女性が訪ねてくる。彼女はギリシア彫刻のような近寄りがたいほどの美貌の持ち主。淑女にあるまじきことに、レベッカは人払いをして、ウィルと部屋で二人きりになると、驚くべき提案をしたのだった。「実はわたしと結婚していただきたいのです」
  • 貴婦人の素顔 リージェンシー・ブライド II
    -
    アッシュ家の末娘メグはいつも美しい姉たちと比較され、母親にもないがしろにされて窮屈な日々を送っていた。だから幼なじみのサイモンが求婚しにやってきたとき、メグはロマンチックな告白を期待して胸をときめかせた。ところが――「わたしたちの友情がより親密なものになることを望んでいます」それは、とある国の王子と恋に落ち、お姫様になる夢を見ていた少女にとって、あまりに味気ないプロポーズだった。メグはがっかりして申し出を断り、パリに渡った。一方、サイモンも自堕落な放蕩者に変貌し、ついに二人が再会する時がやってきた!
  • 夢路はるかに
    4.5
    十七世紀、チャールズ二世による王政復古下のイングランド――女優のキャサリンは反逆罪に問われた弟の命を救うため、あるまじき役を引き受ける羽目になった。トム・トレンチャードという男の妻になりすまし、政府から要請された重大な任務を遂行するのだ。がさつな風体の男とともに商人夫婦を演じつつ、オランダまで行くなんて考えられない。だが、そのときキャサリンは知る由もなかった。トムの正体は特命を受けて変装した宮廷人で、本当の名はサー・ステア・キャメロンであることを。★ベテラン作家、ポーラ・マーシャルの作品をお届けします。本作では、三カ国にまたがる壮大な規模で王政復古時代のドラマティックな物語が展開します。どうぞお見逃しなく!★
  • 愛の革命
    4.7
    准男爵のネヴィルは意気消沈していた。よい妻になりそうな女性に求婚したのに、また断られてしまった。それもこれも、僕が退屈で堅物な男と評されるせいだ。そんなある日、彼はパーティで一人の女性に引き合わされた。つややかな黒髪と、まるでキスを誘っているかのような唇。その女性が奔放と噂されるダイアナだと聞き、ネヴィルは驚いた。ネヴィルにダンスに誘われ、ダイアナは思わず同意した。華麗な動きで彼女をリードするハンサムな男性は、真面目すぎてやぼったいと評判の准男爵とはとても思えない。だが私には恋をする資格はない――あの秘密があるかぎり。
  • 女王への謁見
    3.0
    西暦一六〇〇年、エリザベス女王六十六歳。イングランド国内は、親子ほども年の離れた若い伯爵と女王との愛憎劇で揺れに揺れていた。蜜月が終わるや、エセックス伯が反旗を翻したのだ。子爵家の令息マーティンが宮廷に呼び出されたとき、彼は自分の身に何が起こったか、まったく見当もつかなかった。しかしエセックス伯との関係を問われ、女王と謁見して、あらぬ疑いをかけられていることに気づく。兄の謎めいた死、父への恨み……マーティンは今まで封じ込めてきた過去への探索に乗り出す。すると記憶の扉がぎいと音をたてて開かれた。★二十五歳で即位したエリザベス女王は、処女王の異名もありますが、特に恋愛を拒否したわけではありませんでした。母の処刑、ロンドン塔幽閉、スコットランド問題……試練にうち克った彼女は1603年、その生涯を閉じました。★
  • 罪深きワルツ

    購入済み

    みりほさんの書く情けないヒーローはなんて魅力的なんでしょう。
    いや~グッとつかまれたまま一気に読んでしまいます。

    #感動する #癒やされる

    0
    2022年01月07日
  • 十年目の蜜月

    ネタバレ 購入済み

    子供の頃政略結婚で形だけの夫婦にならされたヒロインとヒーローですが、10年後に再会し本当の夫婦になります。互いが美男美女に成長した事にも驚き愛さずにはいられない。。。ラブラブです。
    よくある恋愛のストーリーですが、宗教戦争、歴史の背景、政治的なサスペンス劇も複雑に絡み合って、読み応えありです。

    #ダーク #アツい #ドキドキハラハラ

    0
    2021年10月05日
  • 罪深きワルツ

    ネタバレ 購入済み

    逆プロポーズ契約婚の行く末は

    コミック版がとてもよかったので、原作も読むことにしました。ヒーローは心優しい紳士で、ボクシングで鍛えた肉体の描写あり、コミック版のルックスより逞しい印象です。
    ヒロインのヒーローへの気持ちの変化もよく描かれていて、お話の展開にも幅があって一気に読めました。
    原作を読む事お勧めです。

    原作題”Rebecca’s Rogue”邦題が「罪深きワルツ」になったのが理解できません。この邦題故に読者が素通りする事があるならば残念な事です。

    0
    2021年10月05日
  • クリスマス・ローズを捜して

    ネタバレ 購入済み

    クリスマスプレゼントは愛

    事実ではない過去のスキャンダルを弁解せずに汚名を受け入れ周りと距離を置いているヒロイン。噂を信じ最初は警戒するヒーロー。
    実際に自分の目で見て関わるうちに、二人は強く惹かれ合い、黙って去ったヒロインをヒーローが追いかけ、クリスマスに結ばれるというロマンティックなハッピーエンド。

    #感動する #胸キュン #ほのぼの

    0
    2021年08月13日
  • 夢路はるかに

    ネタバレ 購入済み

    隠密冒険ラブロマンス

    危険な密命を受け外国の敵地で仕事をこなしていく二人の冒険物語。
    レビューにもありましたが、恋愛小説抜きにしても、サスペンスで読み応えのあるお話です。

    長い間プレーボーイであるヒーローが本物の恋に目覚めます。二人の恋の絡みも嫌味なく一気にサラッと読み進めれました。
    個人的には、やはり恋愛物語は、女性ヒロインはこのように勇気ある素直なキャラの方が微笑ましく応援したくなります。

    最後は裏切り者をギャフンとさせて大円団。

    #ドキドキハラハラ #ハッピー #ほのぼの

    0
    2021年06月17日

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!