親鸞の一覧

「親鸞」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/04/23更新

ユーザーレビュー

  • 歎異抄
    浄土真宗の教祖である親鸞。
    その直弟子の唯円が師である親鸞の思想がその死後に異なったものになることを歎じて書いた書と言われる『歎異抄』

    親鸞(1173-1262)は12世紀から13世紀にかけて生きた人物であり、今から750年以上も前の人物だ。

    驚きなのは、親鸞は弟子をとらない、としてこの本文中に...続きを読む
  • [新訳]歎異抄 「絶対他力」の思想を読み解く
    テレビ番組で歎異抄を知って、初めて読みました。偏りなく訳しているように感じられ、入門として良い本だと思いました。
  • 歎異抄
    こちらのコメントは「ツァラトゥストラはかく語りき」でご覧ください。

    2018/11/01 更新
  • 歎異抄
    今週おすすめする一冊は、親鸞の教えを弟子の唯円が書き綴った書
    『歎異抄』の現代語訳版です。現代語訳と言っても、本書は大胆に
    も、思いっきりくだけた関西弁になっています。「金剛」を「ダイ
    ヤモンド」と訳すなど、ちょっとそれはどうなの?と思うような部
    分もありますが、画期的に読みやすいことは確か。日本史...続きを読む
  • 歎異抄
    関西弁訳というのに惹かれて読んだ。
    堅苦しい印象がなく、すらすらうと読むことができた。
    「他力」ということがどういうことなのか、よくわかったような気がする。