親鸞の一覧

「親鸞」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/04/23更新

ユーザーレビュー

  • 歎異抄
    南無阿弥陀仏

    南無(帰依する)
    阿弥陀仏(阿弥陀様のところに)

    阿弥陀様を信じて念仏を唱えれば
    だれでも阿弥陀様が待つ極楽浄土にいける

    他力本願
    よいことをしたか、悪いことをしたかではなく
    自力なのか?他力なのか?が大事

    阿弥陀様のお慈悲は、ただあなたにすがりますよという他力の心に向けられる...続きを読む
  • 歎異抄
    浄土真宗の教祖である親鸞。
    その直弟子の唯円が師である親鸞の思想がその死後に異なったものになることを歎じて書いた書と言われる『歎異抄』

    親鸞(1173-1262)は12世紀から13世紀にかけて生きた人物であり、今から750年以上も前の人物だ。

    驚きなのは、親鸞は弟子をとらない、としてこの本文中に...続きを読む
  • 歎異抄
    何度目かの読み直しである。今度は、全面関西弁なので、とりあえず最後まで読み通す。関西弁、良いと思うよ。そもそも文字を知らない庶民に親鸞の教えを広めるのが目的の書き物じゃけん、しゃべり言葉で伝わらんかったら、意味ねぇーけんな(←突然岡山弁)。

    (やはり元に戻して)「自力本願」に対する浄土真宗は「他力...続きを読む
  • [新訳]歎異抄 「絶対他力」の思想を読み解く
    テレビ番組で歎異抄を知って、初めて読みました。偏りなく訳しているように感じられ、入門として良い本だと思いました。
  • 歎異抄
    こちらのコメントは「ツァラトゥストラはかく語りき」でご覧ください。

    2018/11/01 更新

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!