宮嶋望の一覧

「宮嶋望」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/01/20更新

ユーザーレビュー

  • みんな、神様をつれてやってきた
    ノンフィクションであり、宮嶋氏の三十年の人生が凝縮されている名著です。どこを読んでも気軽にページをめくる部分はなく、
    全てが濃厚な内容です。チーズ作りへの執念、共同学舎の基本理念、仲間に対する無限の愛情と博愛精神。宮嶋氏の生き方に感動しました。
  • みんな、神様をつれてやってきた
    2008/11読。 
    本文より 社会の中で存在する意味が見いだされなかった人の中に、次の社会を創りだす新しい可能性を見つけることが出来たら、それは僕らの宝となる。ボクらが見つけてきた宝は、その持ち主を豊かにし、周りを豊かにし、社会を豊かにしてくれる共働学舎を三十年続けてきて「なにをしてきたか」と問わ...続きを読む
  • みんな、神様をつれてやってきた
    「今日は何をするんだ?」
    人と人がお金や力でなく、人の心を原動力につながるとき、何が起こるだろう 共振し合う一人ひとりの内発的な力が、いちばん確かで強いのだ
  • みんな、神様をつれてやってきた
    Le pur (ルプ)の参加する NPO法人 新月の木国際協会 の副理事長でもある、宮嶋 望 氏の自叙伝。しかし、この本は単なる自叙伝では留まっていない。
    彼のがむしゃらに生き、歩んできた豊富な体験と人との出会いの中に、今の私たち日本人に必要な大切なメッセージがそこここに散りばめられ、読む人それぞれ...続きを読む
  • みんな、神様をつれてやってきた
    2008/11読。 社会の中で存在する意味が見いだされなかった人の中に、次の社会を創りだす新しい可能性を見つけることが出来たら、それは僕らの宝となる。ボクらが見つけてきた宝は、その持ち主を豊かにし、周りを豊かにし、社会を豊かにしてくれる共働学舎を三十年続けてきて「なにをしてきたか」と問われたら。僕は...続きを読む