鈴木範久の一覧

「鈴木範久」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/06/24更新

ユーザーレビュー

  • 代表的日本人
    「同僚たちが立ち止まろうとしたところを、西郷は出発点とみなしていた」
    「その時できた膝のあざをそうっと眺めるのが常であった。これは尊師が私に残した警告である。これを見るたびに自分を省みて自己と民とに誠実であるかと問う戒めとしている。しかし、残念ながらあざは歳を取るごとに色薄れ、それに従い私の慎みも薄...続きを読む
  • 代表的日本人
    心の底にあって忘れかけていたものが掘り返される感覚を覚えた。日本人の勤勉性や誠実さは、後の国内情勢の中で都合よく利用された点は否めないが、今も心の底に残る美徳だと気付かされる。若い方が読んだらどういう感想を持つのか興味深い。
    「西洋」に対しての著者の、日本人の道徳心、利他的で謙譲な美意識を丁寧に説明...続きを読む
  • 代表的日本人
    内村鑑三によって明治44年にもともと英語で書かれたもの。
    西郷隆盛、上杉鷹山、二宮尊徳、中江藤樹、日蓮の5人を、標的日本人として外国に紹介している。本書は、英米やフランスなどの知識人の間で読まれたということである。

    5名は、道徳や公共心、揺ぎ無い信念などの精神をもって、私欲のためではなく国のために...続きを読む
  • 代表的日本人
    人物論。

    日本を代表する歴史の人物達。

    ・西郷隆盛
    ・上杉鷹山
    ・二宮尊徳
    ・中江藤樹
    ・日蓮

    日本人を代表する人物達の凄まじき、
    人間性に頭が下がる思い。

    日本には世界に誇れる人物が多くいた。
    世界の偉人の中でも傑出した真似できない日本ならではの特質を持った偉人達。

    これが日本文化を、育...続きを読む
  • 代表的日本人
    『代表的日本人』は内村鑑三が、欧米に対して日本人も歴史があり、徳があり、すでにして先進国としての資格を備えているのだと示すために英語で書かれたものである。新渡戸稲造『武士道』、岡倉天心『茶の本』とともに明治期に日本人が英語で日本文化を紹介した3大名著と言われている。

    内村鑑三は、代表的日本人として...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!