博報堂買物研究所の一覧

「博報堂買物研究所」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/12/13更新

ユーザーレビュー

  • 買物欲マーケティング
     私たちの周りには、たくさんの「モノ」が溢れる一方で、
    消費者の購買視点は、一層難しくなっている。
     それを打開する一つの策として、博報堂買物研究所が着目したのが、
    「買物欲マーケティング」。

     ただモノ自体に魅力を持たせるのではなく、消費者が欲しい商品を買い物するプロセスから
    着目していこうとい...続きを読む
  • 買物欲マーケティング
    必要なモノ・サービスが全て手に入る時代に、モノ・サービス自体の魅力で消費者は動かなくなった。
    購入するまでのプロセスである買い物行為を楽しめるようにデザインすることの重要性を本書では説明しています。
    スタバの五感刺激の経験価値マーケティングは有名ですが、それを幅広く一般化する礎になる書と思いました。...続きを読む
  • なぜ「それ」が買われるのか? 情報爆発時代に「選ばれる」商品の法則
    国内屈指の広告代理店である博報堂が書いたマーケティング本。
    読み物として非常に面白く、参考になる。

    戦後の白黒テレビ、洗濯機、冷蔵庫の「三種の神器」から始まって、現在のインターネットを使った「Eコマース」まで、消費者の行動原理が心理学的側面や実証実験結果などを踏まえて分かりやすく解説されている。
    ...続きを読む
  • なぜ「それ」が買われるのか? 情報爆発時代に「選ばれる」商品の法則
    ★買い物はストレス★家電や旅行、スマホアプリなど「関心はあっても選ぶのは面倒」な商品が増えていると指摘する。情報が多すぎて、買うと損をしそうで動けなくなるという。非常に納得。そうはいっても消費者は選びたいとは思っているのだから、「消費者が自分に合いそうと思う枠」に入る商品開発が企業にとって重要だとい...続きを読む
  • 買物欲マーケティング
    お客様に「なぜ、それを買ったのか?」と問いかけても「なんとなく」という答えがほとんど。この「なんとなく」の背景に流れる文脈をいかに発掘し、お客様の「なんとなく」を掻き立てることができるかが重要。但し、この「なんとなく」が曲者。お客様にいくら調査をしても、調査時の答えはあくまでも「想像」の世界。実際に...続きを読む