なぜ「それ」が買われるのか? 情報爆発時代に「選ばれる」商品の法則

なぜ「それ」が買われるのか? 情報爆発時代に「選ばれる」商品の法則

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 869円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

多すぎる商品、複雑化する買い方──情報が多すぎて「買い物疲れ」を起こしている現代人にどうやってモノを売る?勝負のカギは、値段よりスペックより、選ぶストレス軽減!情報がありすぎる現代人に刺さるメッセージと仕組みづくりを大公開!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / マーケティング・セールス
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日新書
ページ数
232ページ
電子版発売日
2018年12月13日
紙の本の発売
2018年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

なぜ「それ」が買われるのか? 情報爆発時代に「選ばれる」商品の法則 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年06月05日

    国内屈指の広告代理店である博報堂が書いたマーケティング本。
    読み物として非常に面白く、参考になる。

    戦後の白黒テレビ、洗濯機、冷蔵庫の「三種の神器」から始まって、現在のインターネットを使った「Eコマース」まで、消費者の行動原理が心理学的側面や実証実験結果などを踏まえて分かりやすく解説されている。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月11日

    ★買い物はストレス★家電や旅行、スマホアプリなど「関心はあっても選ぶのは面倒」な商品が増えていると指摘する。情報が多すぎて、買うと損をしそうで動けなくなるという。非常に納得。そうはいっても消費者は選びたいとは思っているのだから、「消費者が自分に合いそうと思う枠」に入る商品開発が企業にとって重要だとい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています