鈴木哲也の一覧

「鈴木哲也」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/09/25更新

ユーザーレビュー

  • セゾン 堤清二が見た未来
    この本は知り合いの経営者に教えていただきました。読む前はセゾンと聞いてセゾンカードという単語しか出てこなかったです。
    無印良品や西武百貨店を経営する堤氏の「現状を否定する」考え方が、テクノロジーが発展する今求められている考え方だと思いました。
    文章から堤氏の経営に対する情熱が感じられ、非常に感銘を受...続きを読む
  • セゾン 堤清二が見た未来
    長年、取材を重ねてきた記者の書。
    メチャメチャ面白かったです。

    80年代後半から90年代初頭のセゾンや西武百貨店は、感性豊かで好きでした。無印良品、ロフト、今でも好きです。

    西武鉄道の不祥事から上場廃止になった時は、とても残念でした。堤家のごたごたは、当時あまり興味がなくよく知ろうともしなかった...続きを読む
  • セゾン 堤清二が見た未来
    西武百貨店 対 無印、パルコ、ファミマ、ロフト。
    軸を育てて、自己否定をするような対軸も育てる。結果、両方とも存在感を増す。
    すごいとしか言えない発想。
    ダイエーの中内功を書いた「カリスマ」と対比して読みたい。
  • セゾン 堤清二が見た未来
    無印良品のDNAを深掘りできた。小説家という側面からもわかるように、人間ひとりひとりの感情を洞察しアイデアに落とし込むのが長けていたのだなと思いました。現代にも通ずる示唆が多いなと思いました。
  • セゾン 堤清二が見た未来
    西武百貨店を足がかりに、無印良品、パルコ、ロフトから吉野家に至るまで、日本の流通業に大きな足跡を遺したセゾングループ。総帥だった堤清二氏の生き様を、様々な関係者のインタビューで再検証したドキュメンタリータッチの一冊だ。
    なぜ無印良品が生まれたのか、なぜ電車もないつくばに西武百貨店ができたのか、なぜ吉...続きを読む