「戸田郁子」おすすめ作品一覧

「戸田郁子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/03/14更新

ユーザーレビュー

  • 悩ましくて愛しいハングル
    日本語の「家庭教育」が韓国語になると「飯膳縁教育」となる。
    「牡丹雪」では、「大山蓮華」。
    固有語は、私のPCにはハングルのフォントがないので、ここに打ち出すべくもないが、こうした言い回しの面白さに惹かれる。
    どういう発想がその背後にあるのかも、体系的ではなく、筆者の見聞を通した形で説明されていく。...続きを読む
  • ハングルの愉快な迷宮
    面白い(●^o^●)
    韓国の人と結婚して生活している戸田郁子さん
    韓国での暮らしの中での事を書いている
    とても読みやすいです
  • 悩ましくて愛しいハングル
    立て続けに読んだ2冊目の戸田郁子さん。『ハングルの愉快な迷宮』(2009)と同じく、身辺雑記に絡めて韓国語のフレーズを紹介してくれるもの。
    2冊の本を読むかぎり、戸田さんは1980年代初めに韓国に留学して以来(その前に旅行もしている)、韓国にずっと魅せられ続けている様子。韓国はおもしろい、韓国が好き...続きを読む
  • ハングルの愉快な迷宮
    韓国に魅せられ、1980年代前半に韓国に渡り、韓国人と結婚し、一家で中国に行ったりしながらも、今は韓国に暮らし出版社を経営しているという戸田郁子さんの本。身辺雑記に絡めて韓国語ならではのフレーズ、日本語と似ているようで違う表現などを紹介してくれている。
    正直なところ自分の韓国語能力はまだまだなので、...続きを読む