「山田昭男」おすすめ作品一覧

「山田昭男」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:山田昭男(ヤマダアキオ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1931年10月07日
  • 出身地:日本

旧制大垣中学校(現在の岐阜県立大垣北高等学校)卒。著書に『楽して、儲ける! - 未来工業・山田昭男の型破り経営論!発想と差別化でローテクでも勝てる!』、『ドケチ道 - 会社を元気にする「生きたお金」の使い方』、『ホウレンソウ禁止で1日7時間15分しか働かないから仕事が面白くなる』などがある。黄綬褒章、勲五等双光旭日章受章。2014年死去、享年82歳。

作品一覧

2015/06/26更新

ユーザーレビュー

  • ホウレンソウ禁止で1日7時間15分しか働かないから仕事が面白くなる
    ・常に考える
    ・お客さんを感動させるにはまず社員から
    ・社員の不満をできるだけ減らすことが、経営者や上司が考えること
    ・人マネ+アルファで 差別化は容易にできる
    ・会社とほ、目には見えづらい、いろいろな感情を持った人間の集まり。働く人の幸福感や意欲が乏しければ、職場の士気や生産性が下がり、売上高も減...続きを読む
  • 毎日4時45分に帰る人がやっているつまらない「常識」59の捨て方
    売上目標さえ立てれば、会社は本当に儲かるのか? それなら経常利益がわずか年間4000万円をコンスタントに超える会社が、どうして日本にはこれほど少ないのだろうか
    ? 未来工業には、「お客さんの前に立ってこそ営業職」という考え方がある、あなたがお客さんなら、電話一本で注文をとろうとする人と、自分の会社や...続きを読む
  • 稼ぎたければ、働くな。
    チェック項目8箇所。世の中の97%と同じ働き方をしていたのでは、いつまでたってもうまくいかない、ならば、その方法の真逆をとことんやってみるまでだ。すぐれたアイデアに知識や才能はいらない、必要なのは「なぜ?」と思う感覚だ。未来工業の製品には、”日本初”がたくさんある、みな既存の製品にちょっとした工夫を...続きを読む
  • 毎日4時45分に帰る人がやっているつまらない「常識」59の捨て方
    未来工業・山田社長のすごさを改めて実感。

    <備忘録メモ>
    ・事前の電話1本で無用なクレーム等を減らす
    ・問題提議能力 →社内提案制度(1件につき500円)
      →最初は質より量!
    ・PC・携帯禁止→面談と部内雑談を重視
    ・「管理職が頑張れない仕組み」をあえて作る
    ・「管理職」より「奉仕職」
    ・70...続きを読む
  • 稼ぎたければ、働くな。
    『差別化』とは『常に考える』こと。
    常識を疑い、自身で考えて組織作りは大変参考になります。
    山田さんは、考える素晴らしさももちろんですが、どうしたら社員が力をだせるかを感じる力もすごいのだと感じます。社員と顧客の身になれば、自ずと経営方針も決まってくるのだということを実践されているのだと思います。ビ...続きを読む

特集