「光永康則」おすすめ作品一覧

「光永康則」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:光永康則(ミツナガヤスノリ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本 / 静岡県
  • 職業:マンガ家

代表作『怪物王女』がTVアニメ化された。その他作品に『トラフィッカー』、『シンバシノミコ』などがある。「つながみ」名義で『まじカライズ』を原作なども手がける。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/08/23更新

ユーザーレビュー

  • アヴァルト 2巻
    つくづく読者を驚かせケムに巻くのが巧い作家だ。それがこけおどしじゃなく(作家の資質的に)解決が保証されているとくればなお気がひかれる。
  • アヴァルト 1巻
    答をきっちり出すであろう作者だけに数々の謎が気をもたせるが、そんなことも忘れさせる「マジで!?」と言わずにおれない急展開。おおいにもてあそばれている。
  • 南Q阿伝 6巻
    完結
    けれど、話の厚みは『怪物王女』に負けていないな、と思う
    南久阿たちが、正義の味方ぶって悪を叩きのめすのではなく、単純に「日本」って国を守るというスタンスで容赦ない行動を起こし、起こされた災厄を解決するってストーリーは実に面白かった
    南久阿の個性も強かったが、彼女に惹かれ、自分の意思で共にいる事...続きを読む
  • 南Q阿伝 3巻
    つい、この間、同先生の『棺探偵 D&W』をベタ褒めしまくった手前、アレなんですが、「どっちが面白いか?」は脇に置いとくとしても、個人的に肌に合っている感が強いのは、やはり、『南Q阿伝』かな、と読んで、しみじみと感じてしまいました
    蜘蛛とJCの神・南久阿、ちょっと詰めが甘いけど誇り高い狼・銀子、そして...続きを読む
  • 棺探偵 D&W 1巻
    店頭で、この作品を見かけた際、「やった!」と思った。お恥ずかしい話ですが、光永先生が少年画報社にも活躍の場を広げているとは知らなかったので
    ただ、あらすじを読み、一話目を読んだ際、自分の中に感じたのはもちろん、「面白い」もあったのだが、「ようやく描いてくれたか」、そんな当然の事実を淡々と受け止めるよ...続きを読む

特集