「ロジャー・パルバース」おすすめ作品一覧

「ロジャー・パルバース」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/06/16更新

ユーザーレビュー

  • NHK「100分de名著」ブックス 宮沢賢治 銀河鉄道の夜
    世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない

    「ほんとうのさいわいを探し求めるための旅」だったと感じています。言い換えれば、死ぬと人間の「魂」はどこに行くのかを考える旅、死というものの本当の意味を探るための旅であったのではないか。

    ジョバンニは賢治の分身であり、川で亡くなったカムパネ...続きを読む
  • 星砂物語
    太平洋戦争終結の4カ月前、沖縄の八重山群島の一つでの出来事。暴力を否定する脱走兵と日系アメリカ人少女の物語。戦争の狂気が彼らに忍び寄る。能天気なボクでも平和を祈りたくなる。著者の初めての日本語作品なのだそうだ。もちろん英語訳も自身で行ったらしい。とっても清潔な文章だ。
  • もし、日本という国がなかったら
    日本の未来を作るためのポイントは、日本の文化の中にあるのだと著者は主張する。その通りだと思う。やっぱり外からの方が客観的に観察できるのかな。ドナルド・キーンとは一味違う日本の文化論、文学論になっている。
    著者がひいた与謝野晶子がいい。「創造は過去と現在とを材料としながら新しい未来を発明する能力です」
  • もし、日本という国がなかったら
    他の国を知っている知識人の日本礼賛。日本への教養の幅と深さは並の日本人では及ばなく、その知識に立脚した日本論だけでも相当面白い。停滞して出口が見えない感が強い今の日本で迷子になる者に、暖かい勇気をくれる本。
  • もし、日本という国がなかったら
    この本を書いたのは日本人ではありません。
    しかし、日本の素晴らしさを日本人の感覚で伝えています。例えば、最も美しい日本語は宮沢賢治の世界であり、地震と津波の影響があった花巻の美しい景色がまさに宮沢賢治の世界であり、日本の美術とは完璧を目指さない自然という、つまり「そのまま」である。
    日本人である私が...続きを読む

特集