古川緑波の一覧

「古川緑波」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/12/09更新

ユーザーレビュー

  • ロッパ食談 完全版
    底本が『あまカラ』(甘辛社)、『ロッパ食談』(東京創元社)、『ロッパ悲食記』(ちくま文庫)で、再編集したもの。どうりで読み覚えがあるはずだ。
    とはいえ、ずーっと読んでられる心地よさ。ああもうなんだろねコリャ。
  • ロッパ食談 完全版
     非常に好みがはっきりしていて、当時の読者を牽引するだけの魅力も説得力もあったんだろう。その辺の「言い切り」が一般大衆に受けるのは今も昔も変わらない。
     一方、それ故に、ってことでもないのだろうが、あんまり自分自身の思考を分解する、というようなことはしなかったんじゃないかと思う。無意識に自分が芸能人...続きを読む
  • ロッパ食談 完全版
    声に出して読みたいエッセイだと思う、軽妙で、この時代を生きた粋なひとが書いたからこそ美味しそう。
    どの節回しも、美味しい。

    「これを駄洋食と、蔑む奴に呪いあれ。」
    「豆大福や、スアマなんていう菓子があったっけ。十銭二十銭の豪遊。」
  • ロッパ食談 完全版
    さしずめ、喜劇人ロッパの〝グルメブログ〟といった内容。

    江戸っ子にもかかわらず蕎麦は食えず、寿司屋に行っても「こはだ、あなご、玉子」くらいしか食べられない。いっぽう、さすが男爵家に育っただけに物心ついたころからフォークとナイフを器用に操り西洋料理に親しむ反面、おでんや天ぷらといった「下司(げす)な...続きを読む
  • ロッパ食談 完全版
    古い口語の文体で書かれているが、食に関するエッセイなのでするっと読める。
    昭和30年出版の古い本なのに風俗というか感覚が今でも通じる内容なのに驚く。食べる事は普遍なんだなぁと、実感。
    ただ、戦前戦中戦後を経験している作者ならではの感覚は、現代の私達では体験出来ないので考えさせられる所もあった。

    ...続きを読む