渡邉泉の一覧

「渡邉泉」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/02/15更新

ユーザーレビュー

  • 会計学の誕生 複式簿記が変えた世界
     「会計学って学問なの?手段・ツールじゃないの?」という評者の固定観念を,根底から打ち破ってくれた本。本書の言葉を借用すると,「日々の取引を正確に記録し,利益を計算する行為」は簿記であり,会計は,「その結果を受けて,企業成果を外部の利害関係者である株主や債権者に報告するシステム」(126頁)である。...続きを読む
  • 重金属のはなし 鉄、水銀、レアメタル
    前半は重金属の紹介。物理、歴史、人文などの幅広い知識に裏付けられた文章に、感服しました。
    後半は重金属による環境汚染の話し。珠玉の前半を踏まえての、被害者の立場に立った考え方は、非常に納得性がありました。
  • 重金属のはなし 鉄、水銀、レアメタル
    重金属類とそれに付随して引き起こされた様々な公害問題,近年のEU諸国を中心とする新たな規制的手法に至るまで,極めて網羅的に書かれており,とても勉強になります.
  • 会計学の誕生 複式簿記が変えた世界
    東芝の会計不祥事等、会計の信頼性を揺るがす事件を目の当たりにし、今一度会計の役割とは何かを問うべく、複式簿記の生成・発展の歴史を辿った本書。

    本書では冒頭において複式簿記の本質を、
    “継続記録によるフローの側面からの損益計算と有高計算によるストックの側面からの損益計算の二重計算にあり...続きを読む
  • 会計学の誕生 複式簿記が変えた世界
    複式簿記の誕生から会計への歴史をたどる。ストックの公正さをフローで担保する。継続的に記帳された複式簿記により、資産の在り高を損益から検証する。13世紀のイタリアの商人の記帳から複式簿記の芽生えが始まった。昨今の公正価値についての一家言も重要。