マイケル・A・ロベルトの一覧

「マイケル・A・ロベルト」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/03/13更新

ユーザーレビュー

  • なぜ危機に気づけなかったのか ― 組織を救うリーダーの問題発見力
    組織上の問題発見を書いた本です

    問題を発見することの重要性と
    「問題を解決することと、問題を発見することは、まったく異なった能力である」と説いて。問題発見の為の7つスキルを沢山の具体的な事例を持って紹介しており、臨場感が伝わってきます

    リーダーの心構えの中で、優れたリーダーは問題を脅威とは見なし...続きを読む
  • 決断の本質 ― プロセス志向の意思決定マネジメント
    これは「決断」というよりも「意思決定の本質」とも言うべき本である。

    組織で意思決定を行い、有効な結果を出そうとする場合のとるべきプロセスについて書かれた本であり、リーダーの決断力を伸ばすものではない。

    リーダーの重要な業務に「組織の意思決定と方向付け」というものはあるが、その確定におけるコンセン...続きを読む
  • なぜ危機に気づけなかったのか ― 組織を救うリーダーの問題発見力
    Know what you don't know

    この言葉に尽きます。

    そして、それを実行する7つの手段を詳細に。
    ①情報フィルター
    ②参与観察
    ③パターン認識
    ④点から線へ
    ⑤価値ある失敗の奨励
    ⑥話し方と聞き方
    ⑦リフレクション
    これらの基盤になるのが、飽くなき知的好奇心、システム思考、バラ...続きを読む
  • なぜ危機に気づけなかったのか ― 組織を救うリーダーの問題発見力
    組織での問題は、世間一般に出てしまった際はすでに手遅れか、対応可能であったとしても影響や対策コストなども大きなものになりうる。

    問題をいかに小さいときに発見するか、発見するにはどのような心構えが必要となるかに述べられている名著。

    これからは「トラブルシューター」を一歩進め、問題を自ら発見して小さ...続きを読む
  • なぜ危機に気づけなかったのか ― 組織を救うリーダーの問題発見力
    軽めの内容を予想して読み始めたが、教科書的・網羅的な書き方で非常に役に立つ内容だった。折に触れ、読み返してみる価値がある本。

    ・問題の指摘はそれが間違った警報であっても学習の機会になりうる。コストの削減や顧客満足度の向上につながる場合も多い。また、問題を見つける能力も時間とともに進歩していくので、...続きを読む