「重野なおき」おすすめ作品一覧

「重野なおき」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:重野なおき(シゲノナオキ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1976年12月28日
  • 出身地:日本 / 千葉県
  • 職業:マンガ家

山梨学院大学法学部卒。1999年『さかさま大学ノート』でデビュー。『信長の忍び』、『Good Morning ティーチャー』、『うちの大家族』など多くの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/10/13更新

ユーザーレビュー

  • 軍師 黒田官兵衛伝 1巻
    前も一度書いたけれど、やっぱりこの作家さんギャグも面白いけど若干一辺倒なところがあって、それ以上にストーリーやキャラクターの描きかたの見事さが際立つ。もっと本を厚くして、悪い紙を使って、そんで安くして、全国の学級文庫にばら撒いて欲しい作品。面白い!
  • 軍師 黒田官兵衛伝 2巻
    ひえ〜泣いた!すごいドラマチックだ……これが史実ベースだなんて。『信長の忍び』を最大風速では上回る勢いの、餡の詰まりっぷり。黒田官兵衛すごいわ、大河ドラマの主人公とかに出来るんじゃない!?(あっ)/もっと歴史を知りたくなるなぁ……。
  • 信長の忍び外伝 尾張統一記 3巻
    若き日の信長が尾張を統一するまでを描いた「信長の忍び」前史、完結編です。
    兄弟達の相次ぐ謀反、義父であり後ろ盾でもあった斉藤道三の敗死に見舞われつつ、自ら前線に立って戦う信長の姿は文字で追うよりマンガの方が分かりやすいかも。この当時の信長は殿を務めたり、直接大将と戦ったりと、かなり無茶をしてたんです...続きを読む
  • 軍師 黒田官兵衛伝 2巻
    官兵衛地獄の一年の巻。
    リアルに描かれていて見ていると本当に壮絶だったと
    思う。駆け引きに駆け引きが繰り広げられ、本当にハラハラドキドキ。どうなることかと思ったのですが、松寿丸君(息子)や光さんと会えた時はとても感動しました。
    そして秀吉子飼いののちに活躍する武将たちの若き姿も
    描かれているのがいい...続きを読む
  • 軍師 黒田官兵衛伝 3巻
    高松城水攻めから本能寺の変までの流れ。
    2巻で見た官兵衛幽閉や鳥取城渇え殺し(籠城攻め)のような
    惨たらしいことがなかった分、今回はさらに緊迫したものが
    展開していました。
    秀吉が信長の死を受け入れられなかったのも、無理はないんだろうな…これから山崎の戦いか。どうなることか。

特集