キャス・サンスティーンの一覧

「キャス・サンスティーン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/11/26更新

ユーザーレビュー

  • 実践 行動経済学
    ・アニマルスピリットはマクロ系の印象 この本はミクロ系の印象が強い
    ・フレーミング + 損失回避 →日本破綻説とかも同様か?(恐怖で不要な物を買わせる)
      a)省エネ対策すると、年間350ドル節約できる
      b)省エネ対策しないと、年間350ドル損する
      →aよりbの方が効果的に人を説得できる
    ...続きを読む
  • 実践 行動経済学
    リバタリアン・パターリズム、その代表的な考え方である”ナッジ”について様々なシーンでの導入例や応用方法について、時にユーモラスに時にシビアに説明されている。

    テーマは多岐にわたって楽しく読めるが、どうしてもアメリカでの事例が多いため、アメリカの保険や住宅(サブプライム)などこちらにはあまり身近では...続きを読む
  • 実践 行動経済学
    ナッジなどを政府の立場や様々な立場から分析している
    人々は極度に干渉されることを嫌うが、全てを自分で判断はできないし、労力がかかるのである程度は許容している
    その範囲をどれほどにすべきか、また極度に誘導されたナッジなどには警戒心を持つべきである

    しかし、リバタリアンに対する反論なども用意されており...続きを読む
  • 実践 行動経済学
    邦題は『実践 行動経済学』となっているが、原題の直訳は『ナッジ:健康・福祉・幸福に関する決定を改善する』であり、大きなコストをかけず選択の自由を残しながら公共の福祉を改善するための仕組み・仕掛けであるナッジ理論について一般向けに解説した一冊である(原著の出版は2008年、その後2017年にこうした行...続きを読む
  • データで見る行動経済学 全世界大規模調査で見えてきた「ナッジの真実」
    ナッジを政策に取り入れる上で、大衆の合意が必要であり、政策立案者と大衆のより良い話し合いで、ナッジの導入を検討する必要がある。
    日本は他国と比べ、ナッジの賛成率が低く、これは政府への信頼が低いとの推測にはなるほどと思った。
    大半の人はシステム2のナッジを選好をするのは意外だった。自分で考えて選択する...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!