「御手洗瑞子」おすすめ作品一覧

「御手洗瑞子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/11/18更新

ユーザーレビュー

  • 気仙沼ニッティング物語―いいものを編む会社―
    一読し心温まる。何故そこまで真剣に真摯に事(コト)に向き合えるのだろう。又、売れるものが良いものと言われもするが、其ばかりでない事(コト)に気付かされる。
  • 気仙沼ニッティング物語―いいものを編む会社―
    そもそもなぜこの本に出会ったかは忘れてしまったが、この時代にアパレル企業、しかもニットの会社を立ち上げるって相当勇気があるなーと。それも気仙沼で。だが、セーターの写真を見て読もうと決めた。
    手編みのニットは、いろいろな点で相当の高レベルでないと商品として売れるものにならない。気仙沼は、手編みのニット...続きを読む
  • 気仙沼ニッティング物語―いいものを編む会社―
    東日本大震災の被災地気仙沼で、手編みのセーターを製造販売する会社、「気仙沼ニッティング」を経営する御手洗瑞子さんの著書。

    材料である毛糸にもこだわり、オーダーメイドで作られるセーターの価格は決して手頃ではないが、非常に人気があって予約で一杯らしい。震災でたくさんのものを失ってしまった方々が、とって...続きを読む
  • ブータン、これでいいのだ
    今度ブータンに旅行に行くので手に取った本だったがとても面白かった。
    ブータンといえば国民総幸福量GNHを基準にして運営されている理想主義国家というのが私の印象だった。それは間違えてはいないがこの本を読むともっとブータン人のリーダー達は現実主義でしたたかだった。
    ただ一般の人々は割り切りが早く「これで...続きを読む
  • 気仙沼ニッティング物語―いいものを編む会社―
    本書は、今年読んだ本の中で皆さんに最もオススメしたい本です。

    皆さんがもし、あの『ほぼ日刊イトイ新聞』の糸井重里さんから、
    「気仙沼で編み物の会社をやりたいんだけどさ。やってみない?」って言われたら
    どうしますか?

    この物語は、そんな一言からスタートしました。

    東北の震災から1年過ぎた2012...続きを読む